高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

天竺舎だより 7月10日記

2017-07-31 07:30:00 | 生産者からのメッセージ


 津野町 天竺舎の雨宮智子です。

~雨のすごさにおのにて 夏の暑さにぐったり~

先日部落の“道なおし(?)”“道そうじ(?)”に参加しました。
部落の中を通る公道の溝そうじ、たまった土をはぐ、
道にたれかかる枝を払う・・・などなどします。

各家から1人は出ることになっていて、
我部落は11軒、11名(+1人の中1男子)で作業しました。
毎年、つれ合いが参加していたので、20年以上住んで初めて参加のワタクシでした。
中1男子とその母親をのぞけば、私が一番若かった!
(80代1人、70代2人。90前後の1人はあまりにあまりで待機です。他は60代後半)

20年前、私達がここに住み始めた時も同じメンバーでした。
多分、10年後も同じメンバーでしょう・・・これが“限界しゅう落”です。
うちの子供達も含めて、何人かの子供がこの20年の間に大きくなって外へ出ていきました。
が、だれももどってきていません。
ほんとに、だあれも、一人も、もどってきていません。
ほんと、住むには良いところなのにねー。
ただくらしをたてていくには、むずかしい所です。
クーラーなくても夏はなんとかやりすごせます。
薪になる木も(ちょっと手をかければ)まああります。
飲めそうな水の流れる川もあります。
たのしい虫も、かわいい(?!)動物達もいます。
人がいません。


これは作業中、1人が使っていた道具。
これで道脇の高い枝をひょいひょいバサッと切りとっていました。
実は我家にもありますが切れません。
研いでないからです。
やはり刃物は研がなけりゃね。
置いとくだけなら、猫に小判。
でも私は、バカと刃物は使い用・・・と常日頃言っており、
切れない刃物でなんとかするのが上手い(?)のです。
でも「やっぱり手入れしよう、刃物は。」と思った一日(半日)でした。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2017年8月号より転載しました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第3世界ショップの メープル... | トップ | さあ今日から8月~ ♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (E)
2017-07-31 10:44:39
独り暮らしの父は86歳。先日は暑さに耐えかねて、スイカの手入れを途中で放り出し昼寝に切り換えたそうです。
Unknown (管理人)
2017-08-01 20:58:52
Eさんのお父様は、86歳で畑仕事をされてるんですね。すばらしい。
でも今年の蒸し暑さは尋常じゃない。高知ではまるでサウナにはいっているようです。くれぐれも無理をなさらない様お伝えください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生産者からのメッセージ」カテゴリの最新記事