高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

おせちに使える彩り漬け物 終わりました

2018-12-21 09:00:00 | イベント報告
12月12日、数字の語呂合わせのいい日、おせちに使える彩り漬け物の教室でした。
寒い時期とあって、残念ながら、風邪ひきの直前キャンセルがあいつぎました。
が、こじんまりして和気あいあい、じっくりと作れたようです。

講師は、葉山庵主宰の和田亜紀さん。


日本には、糠漬け、酢漬け、塩漬け、糀漬け、粕漬け、味噌漬け、梅酢漬け等々…
バラエティー豊かな漬け物があります。
そのなかでも、簡単に作れて、お正月を華やかにできる、艶やかなちょっとお洒落な漬け物を作る予定 ♪


漬け汁の材料は、会の自慢の調味料たち。


「切り干し大根のハリハリ漬け」は、切って合わせるだけ。


「白菜と小松菜の巻き漬け」は、まきすでまきまき。


「甘酢大根の林檎巻き」は、ノビルでクルクルがかわいい。


「冬野菜のピクルス」は、かわいらしく瓶詰。


ほかにも、講師の和田さんが持参してくださって漬物が10種類もあり
まるで漬物バイキングのようでした。
(紫水菜の梅酢和え・紫蘇の実の塩漬け・沢庵・ダイコンとチャーテの糠漬け・梅干
蕪の柚子漬け・チャーテの塩麴漬け・ダイコンの甘麹漬け・白菜のおから漬け・ピクルス)


たかが漬物、されど漬物。
ご飯が彩り鮮やかになります。
真昆布・本枯鰹節で出汁をとった みそ汁と、正雄さんの新米も用意して。
いっただきま~す。
ご飯とみそ汁と漬物があれば、それだけで幸せになれますね。


参加者のみなさん、ありがとうございました。



数日後に会ったMさんもYさんも、すぐ家で作ってみたそうです。
つくりたいかた、レシピ差し上げます。(ご連絡ください)

( 管理人 )
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 飯尾醸造の 富士すのもの酢 | トップ | 別所蒲鉾店の 味自慢出雲おで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イベント報告」カテゴリの最新記事