高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命(いのち)を守る会」を母体にした
42年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

チョコマロン ~旬彩料理つきみ

2021-10-15 09:00:00 | 作ってみたら・・・おいしそう
香南市香我美町の月見山のふもとにある旬彩料理「つきみ」です。

★ チョコマロン ★


栗の加工保存法です。


【 材料 】(つくりやすい分量)
むき栗 250g
≪シロップ≫
水 250ml
ココアパウダー無糖 50g
黒砂糖 160g
生姜 薄切り 40g
月桂樹の葉(乾燥) 1枚・・・瓶に入る大きさに切っておく


※シナモンスティック 1本・・・瓶に入る大きさに切っておく
※クローブ 4粒
※カルダモン 4粒・・・鞘から出しておく
※黒胡椒 8粒 
※印のついたスパイス類はあればご用意ください

【 作り方 】
保存瓶を洗って乾かします。
開封後すぐ食べ切れる小瓶を多めに用意します。

むき栗は厚手の鍋で、
ひたひたの水で弱火でゆっくり
アクをすくいながら少し硬めに茹でます。

栗を茹でている間に、
小鍋にココアパウダーを入れ、
水を少しずつ加えて均一化した後、
残りのシロップの材料を入れます。

の栗をザルに上げて水気を切ります。
鍋を洗って栗を鍋に戻します。
栗は壊れやすいので優しく丁寧に。

のシロップを練りながら、
弱火にかけ、
とちゅうで味を調整します。
フツフツしてきたら火をとめ、
の鍋に入れます。
弱火で3分ぐらい、
栗が壊れないように鍋ごとゆすって
対流させながら火を入れます。

火が入ったら の瓶に
栗とシロップを分け入れます。
熱いうちに蓋をして冷まし、冷蔵します。

シロップも使ってください。
シロップは牛乳や豆乳で割って温めると、
栗風味ととろみがついた
スパイシーココアができます。 


※ この記事は、NPO法人土といのち『土といのち通信』2021年10月号より転載しました。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 金子製麺の春巻きの皮で ~わ... | トップ | 今週の野菜から ~10月〔2〕回目 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作ってみたら・・・おいしそう」カテゴリの最新記事