高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

リターナル瓶って?

2014-07-07 09:00:00 | 日記
私たちの身のまわりには、たくさんの瓶がありリサイクルされています。


瓶のリサイクルには2通り。
洗って繰り返し使用(リユース)される瓶はリターナブル瓶。店に持って行くとこちらです。
種類ごとに砕き溶かし使われる瓶はワンウェイ瓶。自治体の資源ゴミとして出すとこちらになることが多いようです。

日本には100年以上も昔から、一升びんやビールびん、牛乳びんに代表されるリターナブル瓶の歴史があります。
回収された後、選別・殺菌洗浄し、再度中身を入れて商品ルートに乗せられます。
例えばビールびんの一生は約8年間。
20回以上も使われたあと、細かく砕かれてカレットとなり、新しいびんに生まれ変わります。
原料や製造エネルギーの節約にもなるので、環境にもっとも優しい容器として再び注目を集めつつあります。

実は、2013年に、繰り返し利用できる中容量規格(720ml)統一リターナブル瓶が作られました。
通称・R-720mlびんと呼ばれがついてます。
現在、茶、エメラルド・グリーン、カッパー・ブルー、ダーク・スモークの4色がそろっています。

リターナル瓶は、販売時に5円の容器保証金5円が含まれていて、びん返却時に保証金を返してもらえます。
みなさんの身近にも R-720mlびんはあるはず。
お店に持って行って5円もらいましょう。





『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 生酢(きず)のたしなみ | トップ | 「土にふれる、土づくりを楽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事