高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命(いのち)を守る会」を母体にした
42年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

ゆめちゃんくの 鳴門カットわかめ 

2020-10-23 09:00:00 | おすすめ品
★ 鳴門カットわかめ ★


みなさんお気づきかと思いますが
長年親しんだパッケージが変わりましたね
袋のデザインは自分たちで考えたそうです。

ゆめちゃんくの鳴門わかめは
南谷さんが育てた混じりっ気のない
“純粋な鳴門海峡産のわかめ”です。
1985年からわかめの養殖を始め
遊さんは2代目です。

葉が厚くしなやかで
歯ごたえのある食感にこだわり、
自分たちで食べて
美味しいと思えるわかめ。
だから会でも人気があります。

カットわかめの原料は湯通し塩蔵生わかめです。
カットわかめと塩蔵生わかめでは収穫時期に違いがあり
カットわかめは収穫期後半のわかめが原料になるため、
さらに歯の厚みが増します。
だから、歯ごたえバツグン!


湯通し塩蔵生わかめもあります。
塩蔵と言っても塩抜きは簡単。
流水でササっと洗うだけ。
湯通しすると香りが一層豊かになります。
冷蔵で3ヶ月、冷凍で1年保存できるので
会では冷凍で保存・配送しています。


10月中旬以降からは海に養殖棚の設置が始まります!
鳴門海峡には、多くの作業船が沖に出ていることでしょう。

( ゆめちゃんくの鳴門わかめを養殖している鳴門海峡 )

私はカットわかめ派ですが、
だんぜん生わかめ派と言う方もおられます。
どちらもおいしい!
もう、他のわかめは食べられません。

( 管理人 )

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エビスパックの 玄米いかごは... | トップ | 秋川牧園の こだわりの卵を使... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おすすめ品」カテゴリの最新記事