高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

冬の訪れ。

2011-10-18 17:35:33 | 生産者からのメッセージ
あけぼの茶業組合です。

標高550mから600mにある今朝(10月18日)の茶畑の気温が7℃でした。
ライバルの雑草の成長もとまり、
夏場、劣勢だった茶の木が存在感をアピールしています


高知県内でも寒さの厳しい津野町は、
早ければ間もなく霜が降りはじめ、
12月頃には雪が降ります。
過去一番早い雪は11月でした......。    
    
キウイを茶畑の隙間に植え、放置すること5年、ジャングルになっています。
入って行けません。先週は沢山あったのに、
今日見てみると、サルに食べられ写真の真ん中に1つだけ......

棚を作り、いつかは何も手入れしない自然のキウイをお届けしてみたいなと考えています。
紅葉が一瞬で過ぎ去る津野町、あけぼの茶業組合でした
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今度の日曜日、四万十町「塩... | トップ | 佐竹製麺の工場見学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生産者からのメッセージ」カテゴリの最新記事