高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命(いのち)を守る会」を母体にした
42年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

植えるより早い!? ひとり生え

2022-05-01 09:00:00 | 里山・田んぼ・畑
★ ひとり生え ★

春から初夏へ
山の緑が濃くなってきました。
高知市の北山はシイの花も咲き始めてます。


いきいきと息づく春。
ひとり生えっていうのでしょうか。
植えるより早く芽が出てきます。
それを見て、焦る素人百姓ワタシ。
で、畑のひとり生え写真をいくつか

キャベツの収穫後に
切り株から出てきたキャベツの葉っぱ。
柔らかくておいしそう。
このまま置いたらアオムシが食べつくすので
摘み取ってニワトリさんへ。


発芽したインゲンの向こうには
堀り残し秋ジャガから生えた芽


枯れた菊芋の根元から
菊芋の芽がたくさん。
どうしましょ。


おまけ・・・
野菜の葉っぱの裏には
びっしりと蛾のたまご。
数日後には孵化してました。
虫の嫌いな方ごめんなさい


( 管理人 )
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする