たわ言

思いつくまま

胡瓜の定植

2017-06-15 15:27:51 | 日記
7時過ぎから畑へ。まず、カボチャ・スッキーニの受粉。 水路の土手の草刈り。

 イオン割引日・焼酎、酒を買いに行く、ついでに魚、ハマチの短冊とかば焼きなどを買う。

 夕方の畑、 庭でプランターで育苗していた第二次の胡瓜の苗が大きくなったので畑に下ろすことにした。 曇り日か雨天を期待していたが当分来そうない。 水やりは極力減らしている。野菜に自助努力を求めている。まだ土の中には湿気がある。そこまで根を伸ばすまでは水やりをする。 植物は環境に合わせるようになっている。  いつも水をやると上根ばかりが広がり、一日でも水をやらないと干上がって萎れてしまう。そんなものだ。    まいる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 溝の土あげ。 | トップ | 生誕82年 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事