市川昴高校吹奏楽部 IchikawaSubaru High School Band

顧問が感じた事を書きます。
An advisor writes that I thought about ISHSB

風邪をひかないために

2019-01-11 23:02:26 | 雑記
免疫力を高めるベストイレブン。

免疫力を高めるには、体温が重要であることがわかっている。
冬は厳しい。(体温が1℃落ちると、免疫力が30%下がる。)

外は寒いのでその分体温は下がる。

それをカバーする一つの方法が食材。

「自己免疫力」を徹底強化するベストイレブン。

【1・ニンニク】 米国立がん研究所ががん予防フードのピラミッドの頂点に認定。アリシンという成分に強力な免疫増強作用や抗ウイルス作用がある。

【2・キャベツ】 イソチオシアネートという成分は、肝臓内の解毒酵素の働きを促進し、がん細胞を抑える。

【3・ヨーグルト】 善玉菌のエサとなる乳酸菌が腸内フローラの環境を良くし、免疫力をアップさせる。

【4・納豆】 大豆に含まれるサポニンは強い抗酸化作用がある。納豆には、スーパーオキシドデスムターゼというさらに強力な抗酸化物質が含まれる。

【5・刺身(鮭・青魚)と生卵】 生魚や生卵にはアミノ酸の一種、グルタミンが大量に含まれており、リンパ球の栄養分になる。熱すると壊れるので生で摂るべし。鮭にはアスタキサンチンという色素があり、強大な抗酸化作用がある。また青魚のEPA、DHAにもがん発生を抑える疫学調査の結果が出ている。卵黄には、抗酸化ビタミンも多い。

【6・鶏の胸肉】 鶏肉のカルノシンやアンセリンというアミノ酸に抗酸化効力がある。とりわけ胸肉には、イミダペプチドという「抗疲労成分」も多量に含まれる。冬季、長距離を飛ぶため、渡り鳥の胸肉には、この「抗疲労成分」が凝縮されているという。

【7・海藻類】 コンブ、ワカメ、メカブなどには、フコイダンというぬめり成分が含まれている。免疫機能を向上させるインターフェロンを増やす働きがあり、がん予防に効果がある。

【8・ブロッコリー】 スルフォラファンという成分には、解毒酵素の働きを活性化し、発がん物質を無毒化する作用や、優れた抗酸化作用がある。発芽後2~3日の「ブロッコリースプラウト」が最も濃度が高くなることが分かっている。

【9・ニンジン】 βカロテンには活性酸素を強力に除去する作用があり、細胞のがん化を抑える力を持つ。

【10・キノコ類】 βグルカンという免疫力増強に有効な成分が含まれる。

【11・リンゴ】 皮の部分の食物繊維ペクチンには善玉菌の繁殖を促す効用があり、大腸がんを予防。抗酸化作用をもつ10種のポリフェノール成分も含まれる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ベイハイスクールの現在 | トップ | 出初式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。