美濃路の花鳥風月

Nature 写真とつぶやきで綴ります。



夏の終わり❓

2019-08-22 06:59:11 | つぶやき

昨夜の雷鳴です。

雷さんも何処に降りようか随分迷ったみたいですね。

 

そろそろ秋を感じさせる虫が姿を見せます。

「ホシホウジャク(蛾)」です。

素早く動き回る「ホシホウジャク」

改めてよく見ると鳥にも似てくるっとした目がかわいいやつです。

 

 

コメント (8)

「大青蜂」

2019-08-19 04:42:28 | つぶやき

今年も女郎花の花にやってきた。金属光沢の緑と菫色に輝く蜂、大きさは12~20㎝12~20mmほどです。(寸法訂正しました。m(__)m)

この蜂は「スズメバチ」の天敵、泥の巣に穴をあけ幼虫に産卵するのだという。

奇麗に光る金緑の鎧はスズメバチの針を通さない硬さを持っているのでしょう。

体を丸めるとスズメバチもお手上らしい。

スズメバチが狂暴になる時期、見えないところで厳しい生存競争が繰り広げられてます。

コメント (10)

晩夏!

2019-08-17 05:44:40 | つぶやき

 

ベランダにアブラゼミが転がっている。そしてクマゼミの鳴き声が急に静かになった!

里山ではそろそろヒグラシやツクツクボウシが鳴き出してるのではないかな。

真っ赤な「ショウジョウトンボ」「シオカラトンボ」「ギンヤンマ」が水辺を行き交います。

世代交代も盛んになってきました。

「ギンヤンマ」

「シオカラトンボ」

台風の置き土産で猛烈な暑さになるという。

爽やかな台風一過は昔語りか?「モンスーン」といいたいような嵐だった。

 

 

 

コメント (10)

「スイレン」アラカルト

2019-08-15 07:25:03 | つぶやき

洋上の大型台風の余波を受けて、普段とちょっと違う西の空の夕焼けです。

西日本各地の皆さんこれからが台風本番の様子、お気を付け下さい。

 

連日の酷暑!猛暑!炎暑!などとぼやいてみても涼しくなりませんね。

せめて炎天下で咲く「スイレン」に涼感を・・・・。

スイレンは「ヒツジ草」とも

名前はひつじの刻(午後1時~3時)ごろに咲くからとか?

暑い昼日中に開花するとは、さすがに熱帯性の花ですね。

 

コメント (10)

線状降水帯?

2019-08-07 09:34:31 | つぶやき

最近記録的集中豪雨の発生時、「線状降水帯」という言葉を耳にする。

台風8号ははるか離れた九州を通過していったがその前日の愛知県の夕暮れです。

当方の空に南北に続く積乱雲の列が見られました。

位置を変えて名古屋東部方面にカメラを!

雨が降っている様子はありませんが十数kmに並ぶ積乱雲

線状降水帯とは言えないようですが線状積乱雲というところでしょうか?

 

この日の西方の木曽川夕焼けです。

前日は・・・・・・

いつもの木曽川夕暮れです。

コメント (10)