京都&神楽坂 美味彩花
京都&神楽坂の写真を中心に風景やお店の話題などを綴っています。
 




地下鉄東西線の「蹴上駅」から南禅寺方向へ向かう途中にあるこの趣のあるトンネルは
琵琶湖インクラインの下をくぐり抜ける道として明治時代に造られたものです。
”ねじりまんぼ”工法と呼ばれる煉瓦の積み方は
強度を増す為に螺旋状に組まれています。

ねじりは”捻じる”ですが”まんぼ”(まんぽ)とは
方言でトンネルという意味だそうです。
トンネルの上の文字は漢詩の一節「雄観奇想」(見事な眺めと優れた考え)
明治時代の京都府知事、琵琶湖疏水事業の指導者でもある北垣国道氏が書かれたもの
トンネルを抜けた反対側は少し文字が消えかけていますが
「陽気発処」と書かれています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 京都・絶景か... 京都・鶴亀の... »