goo

ニキビの皮膚科治療

顔のあちこちにニキビが出るとそれだけで気になって、容姿に自信がなくなったり、人と会いたくなくなることもあります。

あまりにもニキビがひどくて気になるようならば、1人で悩み続けず専門家の判断を仰ぐことが一番です。

皮膚科ですので、症状によって外用薬と内服が処方されます。

病院では、処方薬として皮膚表面の脱脂作用がある塗り薬やクリーム、あるいは余分な皮脂を皮膚の表面へ排出させるような薬剤が外用薬として処方されます。

実際の症状に合わせて適切に処方してもらえます。

内服薬としても、ビタミンB2、B6などのニキビ治療に有効なビタミン剤などがあります。

状況の変化に応じて必要な処方もその都度出してもらえるし、個別に見てもらえるので安心できます。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )