goo

ダイエット健康商品として人気の豆乳と寒天

豆乳と寒天はダイエット健康食品として人気ですが、根本的にこの豆乳と寒天とはどのような食品なのでしょうか。

豆乳は、大豆を搾った乳状液のことで大豆を一晩水に漬けたものを磨りつぶし、その大豆を水で加熱した後に布で濾して出来る液です。

大豆のしぼり液である豆乳は無調整豆乳と呼ばれていて、そのままでも飲めます。

調整豆乳として、甘味料や香料などを加え飲みやすくして販売されているものもあります。

健康を考えて、またダイエット健康食品として、無調整豆乳を選ぶ方が多いようです。

豆腐は豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固められたものです。

またおからは豆乳を搾った残りかすのことです。

豆乳を煮たときに出来る表面の薄皮を湯葉といい、お吸い物や刺身として食べられています。

ダイエット健康商品としても人気のある豆乳はたんぱく質、脂肪が多いのが特徴です。

豆乳は鍋などにもよく使われているようです。

テングサやオゴノリなどの海草からできているのが寒天です。

これは海草の粘液質を凍結させて乾燥させたものです。

まず海草を煮てから濾した液を型に入れます。

それを天然の寒気で固めて、日に当てて乾燥させるというのが手順です。

最近では寒天にも色々な種類があり用途によって使い分けられるようです。

粉末寒天、フレーク寒天、固形寒天、角寒天、糸寒天などで、しかも使いやすいダイエット健康食品として人気があります。

寒天は12月~2月の寒い時期に作られます。

ダイエット健康食品用としてはもちろんのこと、細菌培地など医療の方でも活躍しているのが寒天です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )