goo

ダイエットに有効なキャベツ調理方法

いろいろあるキャベツダイエット法の中でも、キャベツを主食の置き換えにしたり、食前に食べるなど限定しないものもあります。

たくさんキャベツを食べるようにするキャベツダイエットは、1日の食事に少しでも多くのキャベツを取り入れるというものです。

基本的には生でキャベツを食べるのがキャベツダイエットです。

けれどキャベツはほとんどが水分と食物繊維の食材です。

ダイエットをサポートするヘルシーな食材ですから煮ても焼いても良いのです。

キャベツは品種を変えればほぼ一年中手に入るので冷蔵庫に常備して、日々の料理に積極的に利用しましょう。

しかし毎日キャベツを食べるので飽きてしまうでしょう。

そんなときはノンオイルドレッシングや塩、レモン汁やポン酢などお好みの味付けで変化をつけるようにしましょう。

ただしマヨネーズは控えたほうが良いでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

脂肪吸引痩身術

痩身術の中でも太ももの脂肪吸引は非常に高い技術を必要とし、そのため医師の技術は仕上がりを左右する要素となります。

安全に納得いくようにやせるためには、医師を慎重に選ぶことも大切で、その上でしっかりカウンセリングも受けましょう。

施術にかかる時間はだいたい2~3時間で、局部麻酔なので、自分でも手術の様子を見ることができることが多いようです。

手術したあとしばらくの間は腫れるので、その後数回通院して術後のケアをしてもらいましょう。

このほかにも、太ももをやせるようにするには幾つかの方法がありますが、自分で納得のいく手段を使うことが望ましいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

食事制限ダイエット

食事制限ダイエットは、いきなり1日に摂るカロリーを大幅に制限するわけですから、当然一時的に痩せることはできます。

 しかし、これだけで体脂肪までを減らすことは不可能です。

 自然な流れで長く続けるダイエットへと移して行くためには、スピードダイエットによって変えられた体を元に戻さないよう日ごろから気を付けることは可能でしょう。

食事制限は、スピードダイエットを行う方法のひとつとしてあげられます。

 ただし、こんな食事制限という方法で痩せるのは体内にある水分の量が変化するためという点に限られています。

 スピードダイエットを行うのにまず挑戦しやすい方法は、食事の制限をするダイエットでしょう。

スピードダイエットを後押しするための健康食品やサプリメントもいまではたくさん出回っていますので、これらを効果的に使ってダイエットを行うことが可能です。

 しかし、負担の大きな急激なダイエットほど、直後のリバウンドの原因になりがちであることは頭に入れておくべきだと思います。

その方法には、何か特定の食品ひとつだけをしばらく食べ続けるダイエットや、一日に食べる食事の回数を2回や1回に減らすダイエット、また水以外の食品といわれるものは一切摂らないという、正に断食のダイエットなどがあります。

長い時間をかけて行うダイエットは、太りにくい上に痩せやすい体質を作ることを目指すのも目的となりますが、スピードダイエットでは太りやすい体質自体を作り替えるのには向いていません。

 短期間で作った体型は、1日か2日の短い間なら維持することはできるでしょう。

 しかし、このようなサプリメントを活用すると、日ごろ食べるものから摂られるカロリーを抑えることができたり、、新陳代謝を活発にしてエネルギーよりたくさん使うようにすることができます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コーヒーにダイエット効果はあるの?

コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸は褐色脂肪細胞にアタックして脂肪の燃焼効率を上げてくれます。

それが体脂肪の分解を妨げる働きをするPD酵素です。

カフェインにはこのPD酵素を抑える働きがあることがわかっています。

これがより痩せやすい体質へと改善してくれるので、コーヒーはダイエットに良い食品なのです。

そのためカフェインをとると体脂肪の分解が効率よく進み、その燃焼もスムーズになって早く痩せることができるというわけです。

しかし人間は長い間飢餓に苦しめられてきたために少々のことではため込んだ脂肪を手放さないしくみが備わっています。

脂肪細胞に蓄えられた体脂肪を分解するためには、リパーゼという酵素の働きが必要です。

痩せにくい体質の人は体脂肪を燃やす体の働きが衰えている状態です。

それは「痩せにくい体質」に理由があるようです。

これが分泌されるとリバーゼの働きが抑えられてしまい、脂肪の分解がうまくいかなくなるのです。

この様に、カフェインは体内の基礎代謝上昇に役立ちます。

またコーヒーのカフェインにはもうひとつの働きがあります。

また血液をサラサラにしたり、脳の働きを活性化させる働きを持っているのがコーヒーのとてもよい香りの元である「ピラジン」です。

身近な飲み物であるコーヒーには想像以上にたくさんの効果があることがわかります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

しそ酢のダイエット効果とは?

しそ科の植物にふくまれているロズマリン酸は、糖や脂肪などが消化・吸収されにくくなるような力を持っており、これを利用してしそ酢によるダイエットができるというわけです。

しそ酢を飲んでダイエットをする、というのがテレビで紹介されて以来、だんだん流行しだしています。

 そんなブームのしそ酢とは何かというと、黒酢としその絞り汁を一緒にしてできたもの、それがしそ酢です。

 しその葉に豊富にふくまれているものに、ポリフェノールのひとつ、ロズマリン酸があります。 人が摂取した炭水化物は炭水化物→麦芽糖→ブドウ糖へ分解されます。

 使われることなくたまってしまったブドウ糖は、いずれ中性脂肪へと変えられてしまいます。

これが肥満の元になるのですが、ロズマリン酸が麦芽糖をブドウ糖へと分解する酵素を抑えてくれるので、ブドウ糖に変化できなかった麦芽糖がそのまま体の外へ排出されるのです。

 このように血糖値が上がらないようになると、それはインシュリンの分泌も増えないことにつながり、このこともしそ酢のダイエットでの効果を導くことになります。

こんな効果をもたらすしそに黒酢の効果が加わると、むくみが取れる、便秘も解消される、さらに利尿作用や新陳代謝が高まる、というな効果もも加わることになり、体には良いことだらけです。

 このようにして体に脂肪がたまっていくことを防ぎながら、さらに血糖値の上昇を抑制するという力も発揮します。

 またしそには血液をサラサラにしたり免疫力を高めてくれる効果があるので、健康にもとても良いものでもあります。

 からだにも良く効果的なしそ酢ダイエットを是非試してみて下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【ダイエット野菜スープレシピ】を利用して作ってみよう!

ダイエット野菜スープレシピ】をブログで探してみましょう。

ダイエット野菜スープとは野菜がたっぷり入ったスープのことで、ミネラルやビタミンが豊富なので美しく痩せることができます。

ダイエット野菜スープレシピ】を見てみると、あじつけは色々なものがあるようです。

 固形スープを使って手軽に作れる【ダイエット野菜スープレシピ】は、料理が苦手な人や時間のない人に良いですね。

 トマトの水煮缶を使った【ダイエット野菜スープレシピ】は、彩りも鮮やかで目でも食事を味わう事ができるので、単調になりがちなダイエットを長続きさせてくれそうです。

またトマトの水煮缶を生のトマトに替えて、自分流【ダイエット野菜スープレシピ】を作っても楽しいと思います。

ダイエット野菜スープには基本のあじつけはありませんから、自分で色々工夫してオリジナル【ダイエット野菜スープレシピ】を作ってみましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【医師がすすめるダイエット野菜スープ】で健康ダイエット

【医師がすすめるダイエット野菜スープ】は、ただ単に痩せればよいというものではありません。

健康的に無理なく痩せられるからこそ、ダイエット野菜スープを利用したこのダイエット方法は医師の支持を得ています。

【医師がすすめるダイエット野菜スープ】は、料理が苦手な人にもお薦めですし、作り置きができるので忙しい人にも良いようです。

【医師がすすめるダイエット野菜スープ】を食べることによって高血圧やぜんそく、アトピーの改善や、内臓脂肪まで減らす事ができるといわれています。

簡単に作れて、健康的に痩せられ、体質改善もできる【医師がすすめるダイエット野菜スープ】を試して見ましょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

豆乳と寒天を使ったダイエット商品

今たいへん人気のある健康食品は、美容健康に良いとされる豆乳や寒天を使ったダイエット商品です。

世の中には、豆乳ヨーグルト、豆乳パン、豆乳うどん、豆乳こんにゃく、豆乳クッキー、豆乳ケーキ、豆乳鍋、豆乳スープなど、豆乳を使ったダイエット健康商品はたくさんあります。

豆乳クッキーは豆乳を使ったダイエット健康食品の中で一番人気を集めているようです。

豆乳と寒天の2つの特徴を持った大人気のダイエット健康食品である豆乳寒天クッキーは、豆乳だけでなく、寒天も含まれているのです。

ダイエットは持続することに意味があります。

そうはいってもストレスを感じるダイエットは失敗する場合がほとんどなのです。

気軽に食べられる事から人気の豆乳寒天クッキーは、ダイエットが長続きしない人にもおすすめです。

寒天の莫大な食物繊維の効果がある豆乳寒天クッキーはおなかの中で膨張し、また豆乳の豊富な栄養もふくまれています。

排泄を促してくれるうえに、満腹感が得られるクッキーなので、効果的におなかをすっきりさせてくれるようです。

気軽に手軽にダイエットとは言っても、体の事を考えて栄養もしっかり補えるダイエット商品を選ぶなら、豆乳寒天を使った健康食品です。

ダイエット商品の中でも寒天を使ったものは、ところてん、糸寒天、寒天そば、寒天そうめん、寒天飴、寒天ゼリーなどさまざまな種類があります。

食欲の回復にも役立つ食品である寒天は、夏の暑い日などで、食欲不振の時などに涼しげでそれでいて食べやすいものです。

ダイエット商品としてだけ役に立つものではないのです。

豆乳や寒天を使った健康商品はたくさん市販されています。

体の中からキレイになるためにも、自分の食生活に合った商品を上手に取り入れたいですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

豆乳の栄養と寒天の栄養

栄養価は非常に高いのが豆乳で、飲料にしてもたんぱく質が残ります。

大豆たんぱく質は水溶性の性質があるからです。

人間はアミノ酸を体外から摂取しなければならないのですが、それは8種類あります。

この8種類のアミノ酸を豆乳はバランスよく含んでいるのです。

良質なたんぱく質が豆乳には含まれており、アミノ酸が多数結合して出来ています。

また老化防止のビタミンEや、脳の機能を維持する働きを持つビタミンB群も含まれているのです。

今大変人気がある豆乳はダイエット用だけでなく栄養価の高い健康食品としても注目されているのです。

イライラしたり、集中力に欠けたりするのはビタミンB群の不足で、ビタミンEは肌の健康を保持し、ホルモンの分泌を活発にし、血行もよくしてくれます。

豆乳はダイエットの食事制限で鉄分が不足しがちな女性には適した飲み物です。

なぜならオリゴ糖やイソフラボン、鉄分も含んでいるからです。

なんといっても食物繊維のかたまりが寒天の栄養だといえます。

脂肪、カロリーがゼロの寒天は、ダイエットによく用いられる健康食品のひとつです。

寒天には便秘で悩んでいる人に効果があります。

整腸作用があるからです。

食物繊維は腸での脂肪吸収を妨害してくれたり、善玉ビフィズス菌の増加のお手伝いをしてくれますから、血圧や血糖値、コレステロールを下げる役目もしてくれるのです。

不足しがちな栄養を補う意味でも、カルシウムや鉄分が多く含まれてるという寒天を普段の食生活に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

寒天も豆乳も健康に役立ち、体にとっても良い食品なのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダイエット健康商品として人気の豆乳と寒天

豆乳と寒天はダイエット健康食品として人気ですが、根本的にこの豆乳と寒天とはどのような食品なのでしょうか。

豆乳は、大豆を搾った乳状液のことで大豆を一晩水に漬けたものを磨りつぶし、その大豆を水で加熱した後に布で濾して出来る液です。

大豆のしぼり液である豆乳は無調整豆乳と呼ばれていて、そのままでも飲めます。

調整豆乳として、甘味料や香料などを加え飲みやすくして販売されているものもあります。

健康を考えて、またダイエット健康食品として、無調整豆乳を選ぶ方が多いようです。

豆腐は豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固められたものです。

またおからは豆乳を搾った残りかすのことです。

豆乳を煮たときに出来る表面の薄皮を湯葉といい、お吸い物や刺身として食べられています。

ダイエット健康商品としても人気のある豆乳はたんぱく質、脂肪が多いのが特徴です。

豆乳は鍋などにもよく使われているようです。

テングサやオゴノリなどの海草からできているのが寒天です。

これは海草の粘液質を凍結させて乾燥させたものです。

まず海草を煮てから濾した液を型に入れます。

それを天然の寒気で固めて、日に当てて乾燥させるというのが手順です。

最近では寒天にも色々な種類があり用途によって使い分けられるようです。

粉末寒天、フレーク寒天、固形寒天、角寒天、糸寒天などで、しかも使いやすいダイエット健康食品として人気があります。

寒天は12月~2月の寒い時期に作られます。

ダイエット健康食品用としてはもちろんのこと、細菌培地など医療の方でも活躍しているのが寒天です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おからダイエットクッキーのダイエット効果

満腹感を感じられないということがダイエットで陥りやすい問題のひとつあげられるのではないでしょうか。

クッキーによるダイエットの場合、1日3食のうち1食をクッキーに置きかえるというダイエット方法ですが、普通のクッキーでは満腹感を得る事はできません。

ダイエットクッキーに食事1食分を置き換えても、おからダイエットクッキーであれば、満腹感をきちんと得ることができるようです。

水分と一緒におからを摂取すると、膨張率が高いので、量も重さも3倍になると言われています。

少量のおからダイエットクッキーと水分と一緒に食べるようにしましょう。

すると十分な満腹感を得ることができるのです。

おからダイエットクッキーに夕食を置きかえ、ダイエットをする場合ですが、おからの膨張効果によりきちんと満腹感が得られるでしょう。

しかも通常の食事と比べて約500~800キロカロリーも抑えることができるのです。

たった1回の食事で、これだけのカロリーダウンをすることができるのが、おからダイエットクッキーなのです。

おからダイエットクッキーに毎日の食事を置きかえなくても、1日おきに1食置きかえるペースでダイエット効果が十分に期待できるでしょう。

何よりおからダイエットクッキーの良いところは、つらい運動をすることなく痩せられるということです。

また体調も肌の調子も崩すことが、おからダイエットクッキーによるダイエットではほとんどありません。

このダイエットのいちばんの人気の理由は、生活習慣病の予防までできるダイエットという点ではないでしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おからダイエットクッキーの栄養成分

おからダイエットクッキーがどうしてダイエットにいいのでしょうか。

その答えは栄養成分が豊富だということでしょう。

たんぱく質をはじめとして、ビタミンB群、ビタミンE、食物繊維、カルシウムなどの栄養成分が豊富に含まれているのです。

それはおからが大豆からできているからです。

おからダイエットクッキーには、コレステロールを低下させる働きのあるノール酸、サポニン、コリンや、脳の老化を防ぐレシチン、物質抗酸化作用のあるポリフェノールなども含まれています。

生活習慣病予防にも役立つ栄養成分がたくさん含まれているのでダイエットのためだけのものではない、優れた健康食品だといえます。

おからダイエットクッキーに使用されるおからは100gで約84キロカロリーとされています。

中にに含まれている栄養成分は、水分81.2g、たんぱく質4.8g、脂質2.4g、炭水化物10.9g、灰分0.7g、ナトリウム4mg、食物繊維7.8gです。

1日に必要な食物繊維の量は決まっています。

だいたい成人で20~25gです。

しかし1日平均6gしか摂取されていないという報告が、ある都市部での調査でされています。

食物繊維は人間の体にとって必要不可欠な栄養成分です。

なぜなら体内の有害物質を抑えたり、排便物をふやし便通を整えたりする働きがあるからです。

生活習慣病など、30以上の病気が食物繊維の不足によるものだと言われているほどです。

普段から意識して食物繊維を摂取するように心掛けましょう。

そのためにもおからダイエットクッキーを利用してみると良いかもしれません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おからクッキーでダイエットする方法

今おからクッキーダイエットというダイエット方法が話題になっているのをご存知でしょうか。

クッキーといえばバターと糖分がたっぷりでカロリーが高いというイメージがあります。

しかし近ごろは低カロリーでおいしいダイエットにぴったりのクッキーが、出回るようになりました。

このようなダイエットクッキーの中で一番有名なのが、おからダイエットクッキーだといえるでしょう。

おからには、食物繊維が豊富に含まれています。

このおからは大豆から豆乳を絞ったあとに残ったものでとても栄養があるものです。

1日3食のうちのどこかで、食事をおからダイエットクッキーのみに置き換えます。

これがおからクッキーダイエットの基本的な方法です。

摂取カロリーのほうが消費カロリーよりも多いことがあります。

この場合、とりすぎてしまったカロリーを消費しなければ、体内に脂肪となって蓄積されてしまうのです。

運動をすることが、摂り過ぎたカロリーを消費するには一番です。

しかしどうしても運動が苦手という場合には、カロリーの摂取を制限しなければなりません。

食事をクッキーに置きかえ、カロリーコントロールをする方法をクッキーダイエットといいます。

クッキーでダイエットをするときに使うクッキーはどんなものでも良いというわけではありません。

栄養価が高く、食事の代わりになるようなクッキーを使わなければなりません。

そこでオススメなのが大豆の健康パワーが豊富なおからダイエットクッキーなのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

しそ酢ダイエット

酢を使ったダイエットの中でも、しそ酢ダイエットはマスコミに紹介され一躍有名になりました。

しそ酢というのは黒酢にしその絞り汁を加えたものです。ロズマリン酸はシソ科の植物に多く含まれている、ポリフェノールの一種です。

シソ科の植物に主として含まれているロズマリン酸は糖を分解する酵素に働きかけ、糖の分解を抑制します。

そのようにしてしそ酢がダイエットに役立つのです。

ブドウ糖は米やパンに含まれる炭水化物が体内で分解された状態です。

余ったブドウ糖は脂肪となり、体内に蓄えられます。

これが肥満の原因となるわけですが、しそに含まれるロズマリン酸はこの糖や脂肪の消化吸収を抑える働きがある物質なのです。

しそ酢を飲むとダイエット効果が期待できる理由の一つにブドウ糖の分解抑制効果があげられます。

また、血糖値も安定し糖尿病の予防にもなります。

ダイエットのためにしそ酢を飲む場合、だいたい大さじ2杯~3杯を一日に摂取することで効果が期待できます。

しそ酢を水で10倍くらいに薄めて飲むと飲みやすくなります。

しそ酢のダイエット効果を得るには、しばらくの間は食後のしそ酢の飲用を怠らないことです。

食事の後のしそ酢を習慣化することで、ダイエットを効率的に進めていれば目標達成も早いでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

豆乳のダイエットクッキー

いま話題の豆乳のダイエットクッキーのメリットについて調べてみました。
豆乳のダイエットクッキーは、おからのダイエットクッキーと兄弟みたいなものです。
どちらも同じ大豆から生まれてくるクッキーだからです。
この原料となっている豆乳ですが、大豆タンパクとイソフラボンという成分がはいっています。
どちらもダイエット系のショップでよく聞く言葉です。
大豆タンパクのいい所は、大豆に含まれる良質のタンパクは食べた脂肪を排出するところです。
大豆タンパクは脂肪の吸収も抑えるのです。
ダイエットクッキーに使われる理由がここにあるようです。
まだあります。
大豆タンパクのもう1つの働きに、基礎代謝を維持するという働きもあるのです。
大豆タンパクが体内に摂取されれば、基礎代謝を維持する働きからエネルギーを燃やしやすい体になれるので、豆乳を取るメリットは十分にあるようですね。
そして、イソフラボンのいい所は、イソフラボンは食欲を抑制することです。
ダイエット商品によく使われる豆乳ですが、その豆乳の代表的な成分であるイソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをすることで知られています。
女性が中年以降に急に食べる量が増えて太りだすのは、中年以降に女性ホルモンの分泌が減少するからなのです。
女性ホルモンが少なくなった状態でのイソフラボンの影響に関する実験があります。
人工的に女性ホルモンを少なくして更年期障害の状態になっているメスのラットに、イソフラボンを加えたエサを与えてみたら、そのラットの食欲に変化がなかったという報告があります。
エサにイソフラボンを加えていないラットの場合は、急に食べる量が増えて太り始めたそうです。
このラットの話をよんで、私には納得する点があるような気がしてきました。
私も実は2、3年前からラットと同じ状態であったみたいだからです。
数年前から、食欲があって食べる量が増えていたのです。
そして太りやすい体質になっていました。
なぜ体質が変わってしまったんだろうと思っていたのです。
この話を聞いた時にやっと疑問が解けました。

楽々健康・美容・ダイエット情報局のTOPへ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ