我が人生の垢

人生の垢を、過去、現在を好き勝手に写真で記録。
解体されて行く身近な、レール造の駅舎のレールを記録して行きたい。

番外中の番外 断層上マンションの裁判報告

2014-07-31 16:29:11 | Weblog
    
 写真中央のマンション、3棟ですが法的には1棟。完成してから約2年、ようやく法的に竣工。

    
 今現在、近隣の掲示板には、・・・。

    
 近隣住民、裁判では敗訴になったがマンション群はとっくに完成済み。7月中旬から販売開始、8月中旬入居、の募集チラシが出たと思ったら、ユニチカエステートの「発売停止」のご挨拶、建物自体が転売されたようだ。
しかし人っ子一人いないマンションはただのコンクリートの塊だ。もし住民運動の成果を判断するとすれば、「負けたが、勝ち」と云ってもいいようだ。
コメント

一畑電鉄川跡駅の古いレールの上屋 11

2014-07-30 09:59:30 | 裏日本の鉄道
     

     
 ??STEEL SUL??

     

     
 ???

コメント

秩父鉄道三峰口駅の古いレールの上屋 53

2014-07-28 20:19:30 | 東京都心の古いレールの上屋
三峰口駅の秩父鉄道車両公園です。
     

     

     

     
 説明はこの盤通り。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村
コメント

番外 船上から天神祭

2014-07-26 21:41:21 | 街角で出会った一寸した景色
    
 この様な船に乗せてもらった。

    
 テレビ中継?の無人飛行機、ドローンかな。

    
 銀橋の上にも多くの方が。

    
 大阪環状線も徐行。

    
 少しは夜の雰囲気を。
  天神祭、私が生まれたのは、天神橋筋八丁目、ご本家筋だよ。
コメント

伊豆箱根鉄道大雄山線大雄山駅の古いレールの上屋 41

2014-07-24 08:46:09 | 東京都心の古いレールの上屋
     

     

         
 B. V. G.BOCHUM.1922

     

     
 B. V. G.BOCHUM.1922

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへにほんブログ村
コメント

番外 梅雨明け? 猛暑到来

2014-07-20 09:45:04 | 鉄道いろいろ
    

    
 こんなラピートも・・・、少し暑いかも。
コメント

一畑電鉄川跡駅の古いレールの上屋 10

2014-07-19 09:01:41 | 裏日本の鉄道
     

     
 CF&I CO SEC451

     

     
 ???

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへにほんブログ村
コメント

秩父鉄道三峰口駅の古いレールの上屋 52

2014-07-16 20:46:16 | 東京都心の古いレールの上屋
     

     

     

     
 秩父鉄道三峰口駅の鉄道車両公園へやって来た。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへにほんブログ村
コメント

伊豆箱根鉄道大雄山線大雄山駅の古いレールの上屋 40

2014-07-14 10:04:47 | 東京都心の古いレールの上屋
     

     

     
 少し寄り道をしましたが終点までやってきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村
コメント

番外 我が家の夏??

2014-07-12 20:10:06 | Weblog
    
コメント

一畑電鉄川跡駅の古いレールの上屋 09

2014-07-10 08:34:51 | 裏日本の鉄道
     

     

     

     
 古いレールが多くあるようだ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへにほんブログ村
コメント

番外 富岡製糸場と古いレール上屋 09

2014-07-06 08:38:00 | 東京都心の古いレールの上屋
    

    
 UNION 1922

    

    
 UNION 1922

    
 UNION 1922

    

 上信電鉄で富岡製糸場へ、高崎駅で出くわした古いレールの上屋を記録した。こちらも世界遺産は無理でも、産業遺産にはなるのでは。
コメント

番外 富岡製糸場と古いレール上屋 08

2014-07-04 08:27:15 | 東京都心の古いレールの上屋
    

    
 OH TENNESSEE 6040 ASCE 3-1923

    
 OH TENNESSEE 6040 ASCE ???

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村
コメント