我が人生の垢

人生の垢を、過去、現在を好き勝手に写真で記録。
解体されて行く身近な、レール造の駅舎のレールを記録して行きたい。

番外 暑気払い 名古屋にて

2010-07-31 18:37:20 | Weblog
何やってんだとお叱りを受けそうですが、暑気払いです。それにしても暑い。
     
 これからです。ひまつぶし、ではなくひつまぶし。鰻丼です。

     
 まず、そのまま。

     
 薬味を加えて。

     
 薬味を加えてお茶漬け。これで三種類の味が味わえる。美味しかった。

     
 幻の手羽先。
  
     
 昼食,夕食、知る人ぞ知る,知らない人は知らない、名古屋名物です。私も知らなかったが美味しかった。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへにほんブログ村
コメント

番外 神戸建築物語 新旧とりまぜ 35

2010-07-31 09:02:51 | 街角で出会った一寸した景色
神戸異人館街、旧中国領事館の内部。
     

     

     
 2階へ。

     
 洗面,風呂,手洗い,生活空間。

     
 リビングの雰囲気。

     
 ついつい,上を。体に染み付いてしまったのかな。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村
コメント

阪急電鉄神戸線 王子公園駅の古いレールの上屋 03

2010-07-30 20:30:20 | 東京都心の古いレールの上屋
     
 神戸三の宮行ホーム。

     
 大阪梅田行ホームを。

     
 此処が1番柱。

     
 不鮮明ですが八幡製鉄、 S 60 A ??

     
 刻印はほとんど見つけられなかった。6番柱のところで振り返ってみた。

     
 くると回って、レール上屋を。珍しい形の上屋です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村

コメント

東京 山手線大塚駅の古いレール上屋 09

2010-07-30 08:41:23 | 東京都心の古いレールの上屋
     
 27番柱。

     
 1番線側、 END STEEL 1888 SEC131 IRJ 切れてますがCAMMELLです。

     
 この刻印の柱部分、CAMMELLS TOUGHENED STEEL ??

     
 手前から27番柱。

     
 山手線大塚駅、柱脚の囲いは無粋ですが古いレールの上屋。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント

西武鉄道新宿線野方駅の古いレールの上屋 48

2010-07-29 17:05:23 | 東京都心の古いレールの上屋
西武新宿線も今回の野方駅で一旦終りになりました。川越方面への調べをしてませんので機会があれば行ってみることにしてます。
     
 古いレールの上屋。

     
 新しくなってしまった上屋。

     
 踏切から見た駅ホーム。

     
 新しく変わった駅ホーム。

     
 新しくなったホーム。

     
 線路脇の柵。

     
 大量のレールが使われてるが比較的新しい, 37 A S 1962 IIIIIIIIIIII OH

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント (3)

九州鹿児島本線門司港駅の古いレール上屋 20

2010-07-29 07:51:40 | 北九州JRの古いレールの上屋
     
 門司港を見ながら散策。

     
 旧門司税関。俗に言う,門司港レトロの数々。
1912年(明治45年)3月、前々年に焼失した門司税関の2代目の庁舎として建設、1927年(昭和2年)西海岸に3代目の庁舎となる旧合同庁舎が完成するまで使用された。
その後民間に払い下げられ、1945年(昭和20年)6月の門司空襲によって屋根がなくなり、修復される直前は窓はモルタルで塞がれ、倉庫(松庫ビル)として使用されていた。歴史的意義を踏まえ、門司港レトロ事業の一環として修復されることとなったが、傷みがひどく、過去の写真などを元に1991年(平成3年)から4年の歳月をかけて外観が復元された。内部は鉄骨により独立の架構が設置されている。
2007年(平成19年)11月30日には、近代化産業遺産(31北九州炭鉱 - 筑豊炭田からの石炭輸送・貿易関連遺産)に認定された。Wikiより)

     
 内部。

     
 天井裏まで。煉瓦造が補修されて残されている。

     
 国際友好記念図書館。
門司港レトロ地区に、北九州市と中国・大連市の友好都市締結15周年を記念して整備された。1階は中華レストラン「大連あかしあ」、2階は中国・東アジア関連書籍の図書館、3階は旧満州関連の資料展示室になっている。かつて大連にあった、ロシア帝国が1902年に建設した東清鉄道汽船会社事務所の複製建築物である。(Wikiより)

     

     
 玄関を入ったところ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント

番外 神戸建築物語 新旧とりまぜ 34

2010-07-28 17:43:08 | 街角で出会った一寸した景色
     
 旧中国領事館。
 中国の政治家・王兆銘 (1883~1944年) が1940年、南京に親日政府を樹立したとき、中国領事館として神戸に建てた。家具調度品、置物、美術品など中国製で統一され、当時をしのばせる。
  なかでも美術品は、西周時代の古文化財から、現代の水墨画まで及び、芸術的にも、唯一オリエンタルムードに包まれている。(異人館ネットより)

     
 少し入ったところ。

     
 正面玄関。

     

     

     
 内部の様子。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント

阪急電鉄神戸線 王子公園駅の古いレールの上屋 02

2010-07-28 07:34:04 | 山陽東海(広島~豊橋)の古いレールの上屋
     
 7番柱。

     
 おなじ7番柱。

     
 上弦材これは八幡製鉄、 S 60 A 1927 IIIIIII

     
 柱材, S 60 A 1927 IIIIIIII

     
 電車がやってきた。少し色物を。

     
 11番柱, S 60 A 1927 IIIIIIII

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村
コメント

東京 山手線大塚駅の古いレール上屋 08

2010-07-27 07:55:38 | 東京都心の古いレールの上屋
     
 25番柱。

     
 2番線側, NO 60 A 1908 V

     
 26番柱,2番線側。

     
  ??4 MARYLAND ?07 工

     
 26番柱,1番線側に,??1907 ET  CARNEGIEです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント

西武鉄道新宿線野方駅の古いレールの上屋 47

2010-07-26 17:18:46 | 東京都心の古いレールの上屋
西武鉄道新宿線野方駅、レールの上屋もなくなってしまいました。これらの写真は間一髪セーフ。
     
 10番柱の2番線側。

     
 代り映えしませんが、 S&M-60-ASCE-1925

     
 12番柱。

     
 2番線側、 S&M-60-ASCE-1925

     
 13番柱,2番線側にも、 S&M-60-ASCE-1925

     
 14場柱の1番線側にも、 S&M-60-ASCE-1925
ベルギーのサンプルモビール社製と思われますが西武鉄道新宿線では多く見られた。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント

特番 コメントへの返礼 きーぼー様への分 02

2010-07-26 07:41:09 | 三越の産廃から産業遺産(双頭レール)T06
きーぼー様から普通鋼材での刻印に付いてのコメントを頂いた。一部再出になりますが見てきた鋼材の刻印を紹介することにした。

 普通鋼材(I形鋼)での刻印。三越大阪店基礎から回収。(大正9年竣工の東館から)

     
 こんな所に。

     
 裏面の刻印。15X6 高さ,15インチ,フランジの幅5インチ。

     
 表面の刻印。SMKNUTANGE PN38 FranceのMets近くのKnutangeが製造地らしい。
現地の博物館からのメールでは(ドイツ語?フランス語?)a product of Soci ete Metallurgique de Knutangeとあった。
レール以外には製造年号は付けていないと返事があった。PN38 はprofil nomal(standard I beam),38は高さ380mmとのこと。

     
 南海電鉄高野線橋本駅の跨線橋にて。

     
 拡大。 LANARKSHIRE STEEL Co LD SCOTLAND このアングル材にも製造年号は記されていない。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村
コメント (2)

特番 コメントへの返礼 きーぼー様への分

2010-07-25 09:06:01 | 三越の産廃から産業遺産(双頭レール)T06
きーぼー様から普通鋼材の刻印に付いてコメントを頂いた。私が確認したものを紹介します。

米国 Jones & Laughlin社 Steel Sheet Piling 鋼鉄製シートパイル(鋼矢板)
     
 明治から大正期、ビルなどの建設工事の掘削工事に使われたもの。昔の文献にはよく出てくるが現物を見たのは初めて。

     
 刻印が見られた。これは、三越大阪店地下の解体工事で発掘したもの。(2005.09)

     
 刻印の拓本。左上から左下へ連続してます。よく見ると、SETTL SHEETが裏返しの文字になっている。

     
 この矢板を使った展示会でのデスプレイ。(1911,Atlantic City,New Jerseyにて)

JHONS &LAUGHLIN STEEL CO Jones & Laughlin社 1853年米国ペンシルバニア州で創業、1984年にLTV社に吸収合併され、LTVスチールと社名を変更し、輝かしいその歴史に終止符を打った。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへにほんブログ村

コメント

特番 コメントへの返礼 そらまめ様への分

2010-07-24 09:16:42 | 長堀高島屋解体記録 岡田信一郎設計T11
私にとって、いつも意表をつく別次元のコメントへのお礼。お中元にしては少し時期はずれ、猛暑お見舞いと致します。
     
 以前に長堀高島屋の解体記録でも紹介してますが改めて再登場。戦前の最も繁盛していた頃の高島屋長堀橋店。

     
 正面玄関。岡田信一郎の設計。大正11年竣工、開店。岡田信一郎は大阪中央公会堂や鳩山会館(旧鳩山一郎邸)、などの設計で知られている。

          
 昭和初期の高島屋の絵葉書。1831年、京都で飯田新七が古着・木綿商を開く。海外の博覧会に豪華な刺繍を施した着物などを出品し、数々の賞を受賞したことで、その後、宮内省御用達の栄誉を冠する。1919年には改組し、株式会社 高島屋呉服店として長堀橋に店を構える。のちの1932年、現在の大阪店を竣工し、東洋一の規模を誇る大規模百貨店を開店する。

     

     
 絵葉書の一番下の一階内部に据え付けられたステンドグラス、難波へ移転したときに保存されたもの。

     
 おまけ、保存されることになった階段の手摺。(将来、階段の一部が復元される予定)

 ステンドグラス
 岡田信一郎と同じく大正・昭和初期に活躍した工芸家の小川三知(おがわさんち)。アメリカ留学後、日本にアメリカ式のステンドグラスを広めた人物と言われます。鳩山会館内のステンドグラスも小川三知の手による。

 そらまめさまへ、単なるビルの解体工事を聞きつけ長堀高島屋であることを知り、関係者にお願いし昔の面影を探しました。暑気払いに小川三知のステンドグラス(写真ですみません)を送らせていただきます。

暑気払い、口にするにはこれがよろしい。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
にほんブログ村
コメント (1)

九州鹿児島本線門司港駅の古いレール上屋 19

2010-07-23 17:20:15 | 北九州JRの古いレールの上屋
九州鉄道記念館、古いレールの展示。
     
 説明書付きでの展示、この角度では刻印は証明の影になり非常に見えにくいところあり。よく整理されてるだけに気になった。

     

     
 説明書きの例。

     

     

     
 レール展示の例。2~30本(種類)展示されていた。

なにせ暑い。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント

番外 神戸建築物語 新旧とりまぜ 33

2010-07-23 09:10:39 | 街角で出会った一寸した景色
神戸異人館街、山手八番館の室内。
     

     

     

     

     

     
 玄関の見返りの上にステンドグラスが。

     

室内を一周、一緒に回った気分になりませんか。ならないって?おかしいな。観光パンフレットよりは少しましかな。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ
-->
コメント