我が人生の垢

人生の垢を、過去、現在を好き勝手に写真で記録。
解体されて行く身近な、レール造の駅舎のレールを記録して行きたい。

番外 神戸建築物語 新旧とりまぜ 20

2010-05-26 07:33:43 | 街角で出会った一寸した景色
     

     
 乙仲通りの小建築。

     

     

     
 今も現役のレトロなビル。

乙仲通のレトロ建築群。(神戸建築物語パンフレットより)
神戸元町商店街の南に沿って走る栄町通り。旧居留地の西側に位置するこの通りが誕生したのは,神戸開港後の1872年(M06)10月。この地が将来繁栄するようにとの願いを込めて、元町通りと海岸通りの間に新設されました。道路開通後,貿易の中心地である神戸港や外国人居留地に近いこの地域には多くの人や物が行き交い,経済の中心地として発展していきます。
コメント   この記事についてブログを書く
«  九州鹿児島本線門司駅の古... | トップ |  番外 三鷹跨線橋の古いレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

街角で出会った一寸した景色」カテゴリの最新記事