我が人生の垢

人生の垢を、過去、現在を好き勝手に写真で記録。
解体されて行く身近な、レール造の駅舎のレールを記録して行きたい。

九州鹿児島本線門司港駅の古いレール上屋 01

2010-05-28 17:05:29 | 北九州JRの古いレールの上屋
     
 いよいよ門司港駅へやってきた。しかしコメントを付けるのもはばかられた。

     
 上屋にはレールが使われているが、薄暗いのと薄暗い色に刻印はほとんど見えない。また上向き写真は非常に困難、参った。

     

     

     

     
 全て門司港駅、恐ろしい位人が写っていない。あえて避けたわけではないがそれにしてもという印象だ。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
コメント (2)   この記事についてブログを書く
«  阪堺電気軌道阪堺線綾ノ町... | トップ |  番外 神戸建築物語 新旧... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かいる)
2010-05-30 21:11:09
こんばんは。
いつも弊ブログを見てくださり、ありがとうございます(とても励みになります)
門司港駅の記事、興味深く拝見しました。
実は、嫁さんの田舎が門司区でして、帰省の折にはいつも門司港駅に降り立っています。
あまりにも有名な駅ですが、存在していること自体が奇跡的ですね。
古レールも、日本の鉄道の黎明期を文字通り、支えていた貴重な存在ですね。
また、訪問させていただきます。
いらっしゃいませ (TAKATAKATAKA)
2010-05-31 21:05:23
かいる様 よくお出でくださいました。

 門司港駅、門司駅もそうでしたが古色蒼然といったところですね。
 新幹線が開通し、門司,門司港、から小倉駅に北九州の中心の駅が移ってしまったようですね。静か過ぎますが落ち着いた駅のホームですよ。古いレールの上屋として、またステーションとして近い将来産業遺産になるような気がします。

コメントを投稿

北九州JRの古いレールの上屋」カテゴリの最新記事