我が人生の垢

人生の垢を、過去、現在を好き勝手に写真で記録。
解体されて行く身近な、レール造の駅舎のレールを記録して行きたい。

産廃から産業遺産を 一旦完

2006-12-28 22:22:23 | 三越の産廃から産業遺産(双頭レール)T06

鉄骨、花崗岩、双頭レール入りのコンクリートの柱、脚もとの煉瓦、アスファルト、大正初期のものを残せたよ。校庭の中庭に残したんだから学生達の研究材料にと思ってるがどうやら意に反してベンチ代わり、集合写真の背景になりそうだ。せめて説明のステンレス板でも見てくれればいいなと思いながら正月休みに入る事にした。このブログを見ていただいた方々、貴重なコメントをくださった方々、今年は本当に有難うございました。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 産廃から産業遺産をー1 | トップ | また新しい年がきた、おめでとう »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
柱も本望では (ザビエル あい)
2006-12-31 17:25:38
ベンチ代わりでも集合写真の背景でも、きっと若い学生さんの方々の心の片隅にチラリと残ることでしょう。そのチラリが、何年かしてキラッと光を放ってくるときがあるのではないでしょうか?
TAKATAKATAKAさんがご苦労されて残された柱が「おさまるところ」におさまってなりよりでした。
1年間、ワクワクしながら拝見させていただきました。ありがとうございました。
色々とお世話になりました。 (しゅう)
2006-12-31 23:12:34
当方HP掲示板に書き込まれた一通の投稿から始まった出会い、「文化遺産の保存」の重要性を認識した一年でした。里帰りした阪鶴鉄道のレール他寄贈いただいたレールを今後しっかり保存していきたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。良いお年を!
有難う、そしておめでとう (TAKATAKATAKA)
2007-01-01 11:51:14
ザビエル あい様、しゅう様、この一年有難うございました。ネタ切れにならないようにマイペースで行きたいと思います。今後ともよろしく。
ザビエル あい様、飲み過ぎないように。しゅう様、昨年は大変だったですね。

コメントを投稿

三越の産廃から産業遺産(双頭レール)T06」カテゴリの最新記事