我が人生の垢

人生の垢を、過去、現在を好き勝手に写真で記録。
解体されて行く身近な、レール造の駅舎のレールを記録して行きたい。

柱の抜け殻とアスファルト防水

2006-12-25 08:04:54 | 三越の産廃から産業遺産(双頭レール)T06

柱の抜けた跡には柱を取り巻いていた赤れんがと基礎上のアスフワルト防水層が見られた。防水層は地下外壁(煉瓦済みの壁)の外側へと続いていた。いわゆる外防水となっていた。現在の建築物の地下部分では見られなくなったが、防水とはこれが本来の姿です。何時の時代からか欠陥防水の地下が本流になってしまい、地下部分での漏水に苦労する事になった。
コメント   この記事についてブログを書く
« 柱の底だ | トップ | 学識経験者の調査だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三越の産廃から産業遺産(双頭レール)T06」カテゴリの最新記事