シルバーな日々2

相当な年齢を重ねました。平穏な日々が過ごせればと願っています。

知人、友人の消息

2018-04-30 22:05:24 | 日記
 以前には楽しくお付き合いしていた方で、その後いつからか消えたというか消息のわからない方に電話をかけてみました。本人が出られなくても家族の方が出られるのではと微かな望みをかけて電話をかけたのですが、一軒だけ奥さんが出られ、他のニ軒はベルはなっているのだろうと思うのですが、相当長い時間かけ続けても出られませんでした。この電話は使われていません。との応答はなかったので電話は生きているのだと思いますが・・・
 電話に出られた一軒の奥さんの話では奥さんもディサービスに週3回通っているそうです。ご主人の友人は腎臓が相当悪く顔、足が腫れた状態になっており、歩くのもできず、車椅子にも足が上がらないので介助が必要だそうで、もちろん入院中です。でも息子さんが近くに住んでおり車に乗せてもらって花見をされたそうです。退院されたら連絡をくれることを約束して電話をきりましたが、本当に切ない気持ちになりました。健康回復を祈りましょう。
コメント

ふれボラ

2018-04-28 17:33:33 | 日記
 定例(毎月原則2週目、4週目の土曜日)でふれあい健康館のPCのQ&Aのボランティアに出かけました。今日は特別講師がお見えになったためか、相談、質問者が多く、従来にない盛況で座る場所が不足しました。有難いことですが、特別講師が来られない時でも多くの方が来られるよう相談しやすいボランティアを心掛けるべきでしょう。
 体調不調(足腰の痺れ、痛み)が続いています。今日からG/Wですからどんどん屋外、観光等に出かけるべきでしょう。でも遠い外出は無理ですし、行く気がしません。行く気が出ないというのが高齢化の特徴で家にこもってしまったらおしまいです。遠出は無理としてもせめて家庭菜園でか細い楽しみができればと思っています。息子が5/2に帰省します。小さな孫との対面も楽しみです。
コメント

南北首脳会談

2018-04-27 19:04:47 | 日記
 全世界が注目した韓国、北朝鮮の首脳会談が板門店の韓国側施設 平和の家 で行われました。ライブで中継された部分も多く、金正恩北朝鮮労働党委員長も年齢の割に国際会議に慣れた様子も見受けられました。でも兄弟を暗殺したり、気に入らない幹部を容赦なく粛清したり、恐怖政治を行った独裁者であることを忘れてはなりません。
 共同宣言が発表され、完全な非核化、両国の年内の平和協定締結等南北朝鮮の平和についての内容が主体でした。安倍首相が文在寅大統領と話をされた拉致問題については話を出されたのか出さなかったのかも分かりません。拉致された人数に関しては韓国は日本の数十倍であり、今回の大きな問題からは拉致問題は小さな問題と考えられたのかも・・・
 閲兵の時に演奏された朝鮮の代表的な民謡アリランです。各地方によりアリランがあり、古い本調子のアリランです。私達がよく知っているアリランとはちょっと違います。
李鎬軟(이호연) - 旧アリラン、本調アリラン
コメント

施肥

2018-04-26 17:52:02 | 日記
今日はせっかく植えたきゅうりとエンドウに肥料をやりました。素人が一般的な肥料としては「油かす」が知られており、我が家でも「油かす」は置いてあると思っていたのですが探してみるとどこにも見当たらず、DIYで買ってきて施肥をしました。
 きゅうりにはきゅうり特有の肥料があり、きゅうりにはきゅうり肥料をやってみましたが、一般的な肥料よりどの程度よく効くのかは、相当日数が経たなければ分からないでしょうね。特殊な肥料、この作物にはこの肥料と特化した肥料は今まで使ったことはありません。すいか用の肥料、ほうれん草の肥料等は寡聞に効いたことはありませんが専門農家さんはご存知かも・・畑は雑草を除去しかねている状態ですが作物の成長するのは楽しみです。
コメント

再発、再燃

2018-04-25 17:35:50 | 日記
 病気が回復していたのがまたぶり返した状態を再発した。再燃したとかいうそうです。再燃という表現にはちょっと違和感を感じます。
 私の体調面(足腰の痛み痺れ)で昨日、お尻の近くに特別なブロック注射をしてもらって昨日は痺れも少なくなり、有難いなと思っていたのですが、調子の良さに、庭仕事(きゅうりの支柱建てとネットかけ)をしたのですがやはり無理だったようで、午後から腰痛、痺れが再発しました。再発というより、通常の状態(足腰の痺れがあるのが通常)に戻ったというのが正しいのではと思います。
 庭仕事もやればまだまだやりたいことがあるのですがやりたい作業の三分の一ができた段階です。毎日少しず作業すればよいのですが、やり始めれば途中で放置してまた明日というわけにはいかないと無理をしてしまいます。私達高齢者は途中でやめることも当然と考えるべきでしょうね。
コメント