凸凹家族どっこいアジアとチェコとオーストラリアとイギリスで生きてます

私たち家族がバンコクとKLとパースとピルゼンとマンチェスターに移り住んで感じたことを、そのままお伝えしてまいります。

コンペ8(マレーシア)

2008-02-29 18:59:03 | マレーシア
クラシックカーシリーズ<部品編>



マニアックな話題で申し訳ありません。
今回はアルミリム
エンケイのコンペ8です。

エンケイのブランドロゴはありますが、
本物かどうか定かではありません。
復刻版が発売されたと言う話を聞かないので、
本物だとしたら、今でも使えるとなるとすばらしい耐久性です。
だぶんコピーでしょうけど。

アジアはまるで生きた博物館のようです。
そのうち、現役のランチアストラトスにでも出会いそうで、ワクワクします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雑草パパイヤ(クアラルンプール)

2008-02-28 13:42:17 | マレーシア

近所のドブ川のほとりに雑草のパパイヤが生えており、果実がなっております。
そろそろ食べごろなので、誰が採るのか行方が気になるところです。



タイやマレーシアなど南国では、パパイヤ、マンゴー、バナナなど雑草としてそこいらじゅうに生えているので、食うに困りません。
また一年中暖かいので、酔っ払ってその辺で寝ちゃっても凍え死ぬことがないので、住むところにも困りません。
おかげで、みんなのんびりしちゃうのですね、きっと。

先にお話したマレーシア国民車のプロトンも、何十年も新車発売をしていなかったので、極度な経営不振に陥ってWVに技術提携の話で助けを求めておりましたが、久々の新型車がヒットしちゃったもんですから一気に強気になって、
「もうあんたの助けなんていらんもんね」
と、つれなく肘鉄を食らわせたのでありました。

また、周知のごとく、マレーシアは産油国でありまして、先日の新聞で新たに過去最大規模の油田が見つかったとの記事がありました。
文字通り湯水(油水?)のごとく湧いてくるので、近隣のアジア諸国に比べてずいぶん豊かです。
日本の皆様にはたいへん申し訳ないのですが、ハイオクがリッター60円ほどですからただでさえずいぶん安いのに、来る3月8日の総選挙に向けて、野党は公約にガソリンの値下げを掲げております。

なんか、この国で毎日まいにち「生産性向上」とか「経費節減」とか言っておりますが、まるでひとり漫才、
ただむなしくなるばかりです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故(マレーシア)

2008-02-23 13:36:08 | マレーシア
マレーシアの人口は日本の人口の約六分の一、自動車保有台数は日本の約十分の一でしかありません。にもかかわらず、交通事故による死亡者の数はほぼ同じです。同じ人口当たりで計算すると、死亡者は日本の約5倍になることになります。

さすがに、マレーシア政府も 「こりゃいかん」 と言うわけで、重い腰を上げたのですが、発表された交通事故防止のスローガンが、
「赤信号は止まりましょう」
「1台にたくさん乗るのはやめましょう」
「ウインカーを出しましょう」
「飲酒したとき、疲れたとき、感情的なときは運転しないようにしましょう」
などなど。

あまり、効果があるとは思えませんなあ。
って言うか、そんなこともしていないのですから、事故が多いわけです。
感情的なとき運転しないって、渋滞のときはどうすれば良いのでしょうねぇ? 車をその場に置いて歩いて帰れとでも?
それじゃあ日本人は誰一人運転できなくなっちゃいますよね。


信号なんてしょっちゅう壊れて消えております。
全部消えていればみなが注意して進むので、問題ありませんが、
先日、全部が青になっている故障に出会いました。
まるでサーカスの曲芸を見るようです。交差する車が全くスピードを落とさず、間一髪ですれ違う様子は、昔のジェミニのTVコマーシャルのようです。
しばらく見ていたかったのですが、先を急いでいたので、自分も曲芸を演じて無事通過しました。

事故を起こしても、こちらの人は全く平気です。
先日。前の車に無理やり割り込もうとした別の車、
どう見ても通れないだろうその隙間
と思っていたら、案の定
「ガリガリ」
ベンツのフェンダーがべっこり凹んでおります。
双方から降りて来たドライバー、殴り合いでも始めるかと思いきや、
「オーケーオーケー、ネバーマイン」
笑顔で手を振ってそのまま行ってしまいました。

あら、太っ腹なのね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雷おこし?(マレーシア)

2008-02-18 17:58:35 | マレーシア
ときどきアジアは繋がっているなあと感じるときがあります。
同じような習慣、食べ物に出会ったとき。

マレー人の友人からお菓子をもらったのですが、
これが日本の おこし にそっくり。



味も食感もまったく同じです。
東京名物「雷おこし」

友達のおかあさんの手作りですので、売ってはいません。
名前は「ベーパン」どこのうちでも作るそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紺屋の白袴(マレーシア)

2008-02-15 14:16:04 | マレーシア
どうも最近リアが出るなあ、
と思っていたら、左後輪が釘踏んでパンクしとりました。

タイヤ交換のついでにフロントも見ると、
ややっ? 極端なショルダー磨耗ではないか!
道理で最近まっすぐ走らないわけだ。

で、スペアタイヤを取りにトランク開けたら、
げげっ? 水びたしだ!
スペアタイヤがどっぷり浸かっております。

通勤は別の車を使っているので気がつきませんでしたが、
ずぼらにもほどがありますね。
もう少し手入れをしないと。
でも、新車なんですけどねえ???
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン(マレーシア)

2008-02-14 08:57:03 | マレーシア
今日はバレンタインデー。

タイもマレーシアもクリスチャンはほとんど居ませんが、
バレンタインデーだけは健在です。
旧正月が終わったばかりだと言うのに大変ですなあ。

日本とは違い、タイでは男の子が女の子に真っ赤なバラの花束を贈ります。
大事そうにバラの花束を抱えた男の子が右往左往しているのも微笑ましい光景です。
ところが、最近日本の菓子メーカーが「バレンタインデーにはチョコレートを」
なんて余計なプロモーションをしてくれるものですから、バラの花束の光景も見られなくなっちゃうかも知れませんね。

マレーシアでは特にこれと言ったものはなく、親しい人に花やクッキーなど贈っているようです。

さあ、帰りに何を買ってかえろう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣(KL)

2008-02-10 09:58:57 | マレーシア
遅ればせながら、初詣にいってまいりました。



マレーシアはモスリム国ですが、仏教寺院もヒンズー寺院もあります。
仏教と言っても中国寺院なので、日本のお寺とは違いますが。



ここでもアンパオと言って日本と同じく、子供にお年玉をあげる習慣があるのですが、
お寺の前に、どう見てももう大人だろうという若者がたむろして、通りかかる人にアンパオをねだっておりました。
君たち、それじゃあ物乞いと同じだろ、働きなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国製(マレーシア)

2008-02-07 23:08:02 | マレーシア
なんか今、日本では中国製のギョーザが話題になっているようですが、
アジアでは今日はまさしく春節、中国正月の元旦に当たるわけで、
巷は中国製品一色であります。
中国製がヤバイなんてことは、先刻御承知の事実でありまして、
それでも価格の安いものが流通する、ものすごい世界です。

本物、ニセモノなんてことはもはや不毛の議論でありまして、無いものは自分でコピーして作るのは、この社会では生き残っていくいわば常識であります。

さてはて、これの真偽はいかに。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中国正月2(マレーシア)

2008-02-06 10:04:30 | マレーシア
今日からいよいよ旧正月の連休に突入です。






さあ、なにを食べよう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒中見舞い

2008-02-04 11:32:47 | マレーシア
日本は東京も昨夜から今朝にかけて雪だったそうで。
寒中お見舞い申し上げます。
すべってころんで、怪我などなさいませんように。

ハノイもぎっちり冷え込んでいるようです。
ベトナム人の友人から泣きのメールが入りました。
天気予報によると、今週はさらに冷え込み、
北部山間部では氷点下となる予想です。
ここまで来るとやはり異常ですね。
今週からテト(旧正月)なので、皆さん故郷に帰られるのですが、
北部出身のひとは寒くて大変です。

どうぞ、風邪などひかぬよう、お気をつけください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中国正月(マレーシア)

2008-02-03 22:39:18 | マレーシア
いよいよ、今週7日は中国正月(旧正月)です。
だから、今はちょうど、年末押し迫ったと言う時期です。



中華系の人はみな心は故郷へ帰る準備で、仕事どころではありません。



昨年の中国正月はバンコクでしたが、今年はKL残留の予定です。
KLはもぬけの殻になるので、きれいな青空が戻ってくるでしょう。
KLの青空でも撮るか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

薄っ!(ハノイ)

2008-02-02 22:34:39 | ヴェトナム
ベトナムの街で気になるのは、まず家の薄さです。





どこへ行っても家はみんな薄っぺらです。
友人に言わせると、税金対策だそうですが・・・。

なぜ、こんな薄っぺら?
地震が無い国ならではですなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加