あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

ふきのとう

2010-02-14 08:52:53 | 植物

 顔を出したばかりのふきのとう。 まだ中の花は見えません。



 小さな小さな葉っぱつき。



 こんなに小さなふきのとうを見たのは、初めてかもしれません。 


 子どもの頃、食べられる野草のあれこれを教えてくれたのは母ですが、ふきのとうが食べられることだけは教えてもらいませんでした。 大人になってこれが食べられることを知って、それもみそ汁に入れたり佃煮にしたりするとめちゃめちゃおいしいんだというのを読んだり聞いたりすると、食べたくてたまらなくなりました。 それで、もう白い花が咲きかけたふきのとうを刻んで佃煮にしてみたのですが・・・・・・


 その佃煮の苦かったこと!


 人が言うほどおいしいものではないと、思ったものでした。 
 それ以来、積極的に探してまで食べようという気にもならず、はっと気づいたときにはたいてい開ききって花が咲いているものばかりで、土の中からやっと出てきたふきのとうを見たことがなかったのです。


 しかし、年をとってから、ふきのとうの天ぷらはわたしの好物になりました。 野草はあくの強いものでも油で揚げると苦みがやわらいで、食べやすくなりますね。
 今では年に1回は必ず食べています。それもパック入りのを


 探してみると、いっぱいありました。


 さっそく、二つ割りにしててんぷらにしました。 
 天然物の若いふきのとうの味は・・・・・・


 ほどよい苦さで、口の中で春の香りがほわっと広がりました。 今までで食べたふきのとうの中で一番おいしかったです 


 応援ありがとうございます日記@BlogRanking

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 梅にうぐいすではなくて | トップ | クリスマスローズ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイミングなんよねぇ(^_^;) (慧竿)
2010-02-14 11:57:47
毎年(^_^;)
気が付いた時は頭が開いてて

堅くて苦すぎてガックリします(^_^;)

アマゴを釣りに渓流へ行くと(*^-^)b
すっかり忘れてしまうのがo(^-^)o
毎年の敗因です(^_^;)
Unknown (ぱふぱふ)
2010-02-14 15:09:37
おいしい雰囲気で芽が出てきてますね
これを見てしまったら・・
食べないわけにはゆかないでしょうね(爆)
Unknown (みっちゃん)
2010-02-14 19:21:47
こんばんは!
 土の中から、可愛いフキノトウが顔を出していますね。(*^_^*)
 それにしても、たくさん見付けられましたね。。♪♪
 私が、見つけた時にはスッカリ大きくなって食べられる状態ではありません・・・・トホホ・・・
 もっぱら、お店で買います。。。
 自然のお味は違うでしょうね??
 
蕗のとう・・! (moru)
2010-02-14 19:56:46
わぁ~! 蕗のとうですねぇ・・!!
あの独特の香りが・・漂ってくるような臨場感があります!!

庭で蕗のとうが採れるなんて良いですねぇ!
羨ましいです!毎年春になると蕗のとうを探して・・食べるのが楽しみでした・義母の好物でしたから・・!
やはりお味噌汁に入れるのとお天ぷらですよね!
ふきのとう (りんご)
2010-02-14 20:21:17
ふきのとう もう久しく食べていません。
庭でふきのとうが採れるなんて羨ましい限りです。
あの苦さも美味しいと感じる年に私もなりました。
恥ずかしい (SRS事務局員)
2010-02-14 21:24:15
ことに「ふきのとう」は絵でしか見たことがないです。
食べられるのも知りませんでした。
雪の間から出てきている絵なんですけどね。
そういうイメージなのかな。
Unknown (ねこ♪)
2010-02-14 22:03:41
一足先に春の味わいですね!
私、ふきのとうはいまだに食べたことがありません。
カリっと揚がった天麩羅、美味しいのでしょうねぇ・・・・・(想像)
苦味が野草の証、身体に良い刺激になりそうですね。
Unknown (hisohiso)
2010-02-15 09:26:44
ふきのとうなら大丈夫ですが、山菜を召し上がるときは十分に注意なさってくださいね。
時には中毒で大変なことに……
(詳細は某Qさんにお聞きくださいまし)
慧竿さんへ (あた子)
2010-02-16 01:26:03
そう、タイミングですね。
こんな小さなふきのとうは、そのつもりで探さないと見つからないかもしれません。気づいたときには花が咲いていて(^^;)
ですから食べるのはいつも売っているものばかりです。
ぱふぱふさんへ (あた子)
2010-02-16 01:28:13
ぱふぱふさんも見つけられていましたね。写真でしかとれない所のでしょうか。もし採ってよいようでしたらお早めに。こんな小さな方が苦みも少なく香りもよいように思います。 

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事