あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

七草の日

2019-01-08 00:27:16 | 野菜・果物・料理など
 1月7日、七草の日です。ここ十数年、七草がゆだけは欠かしたことがありません。無病息災を願ってといいますが、かゆを食べたって病気はするものねえ。家族みんな大病はしてないからいいか・・・そんなことを思いながら今年も七草を集めました。わたし単純に七草がゆが好きなのです。あの真っ白いかゆの中に浮かぶ鮮やかな緑が。
 最近西条産の七草パックがスーパーでも売られています。都会の方でも人気があるのだとか。ちゃんとハウスで栽培されていて間違いもないので安心すが、そのへんにあるものをわざわざ買わなくても、という思いもあって時間があれば自分で調達することにしています。

 しかし、今、脊柱管狭窄症がぶり返して長く歩くことができません。なので近場で手に入るものだけですませました。



 ナズナ、ハコベラはキャベツ畑で。もうずいぶん大きくなっていました。特にナズナはやっとこさ花の咲いてないのを見つけました。
 大根は相当遅くに蒔いてまだ育ってないのを1本抜いて、カブは買ってきたものの葉っぱを少し。御形(ハハコグサ)は、何カ所かハハコグサの生えている場所を覚えていましたので、見つけましたがー



 これでしょうかねえ。
 最近ハハコグサの近くにチチコグサだかなんだかよく似た草が生えてきて、もう少し大きくなると判別できるのですが今の段階では確信が持てません。でも、多分これ。ハハコグサはまっすぐ伸びて中心に黄色い花を咲かせるのですが、チチコグサ(かモドキか)はわりと早い段階で枝分かれしてその枝枝に花をつけています。花も地味できれいじゃないので花が咲けばはっきりするのですけど。ま、念のためにこの一株だけ入れることにします。

 問題は仏の座(コオニタビラコ)でこれはうちの周辺には見当たりません。オニノタビラコならいっぱいあります。これはまだ小さくて一見コオニタビラコに似ていますが、もうちょっと葉柄が長く頼りなげだと思います。


 
 わざわざ車に乗って田んぼに出かける元気もなかったので芹とコオニタビラコはあきらめました。芹は香りもいいので是非入れたかったんだけど。

 今年は五草粥ーいや五草雑炊です。



 というのも、昨日ナゴヤフグを14、5匹ももらって鍋をしました。その出汁がとってもおいしかったものですから。

 遊びに来ていたトラオとウマオにも食べさせました。(うちの七草はいつも昼ご飯。わたしが早起きしないもので)
 トラオはおいしいと言ってさらさらっと食べてしまいましたが、野菜嫌いのウマオは・・・・・緑の色を見ただけで食欲がなくなるみたい。
「一年間お病気にならないようにってお願いするんだから、一口だけでもお食べ。」
と、無理やり食べさせました。

「これ、何?」
「ななくさよ。」
「ななくさい?」
 
 あはは・・・・
 確かに青臭さも七種類。ウマオにとっては七臭いだったかもしれません。    

 おまけ

 お正月のおせちに里芋の煮物をたくさん作りました。あえて多めに作ったのですが、それをつぶして、挽肉とタマネギを炒めたのを混ぜて、おにしめの残ったのも刻んで混ぜて



 コロッケにしました。



 粘りのある里芋は具材をたくさん入れてもまとめやすく、昆布やかつおのだしと醤油の和風の味がけっこうおいしかったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 一緒に写ったものは | トップ | フェイジョア »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
買ってちょ〜だぃっ!(^w^) (慧竿)
2019-01-08 10:35:16
小遣い稼ぎして来ましたので!σ(^_^;)

また稼ぎに成るように
買ってちょ〜だぃっ!(*^o^*)


ナゴヤはねぇ(>_<)
此のあたりも普通に喰いますが
スーパーにも売ってるしねぇ(>_<)

ハッキリ言って
猛毒 持ってます!(>_<)

背骨の血合いも
しつこくしごいて下さいねぇ!(^o^)/

皮や内臓のかけらも無いように!
テトロドトキシンは熱に影響されんならなぁ(>_<)

昔お世話に成ってた散髪屋の旦那が
釣り友達と大量のナゴヤを捌いて

鍋にして飲んでるうちに

呂律が回らんようになり

お隣の総合病院に救急搬送(^w^)

十日ほど入院して
機能リハビリは半年だったそうです(^w^)
私が乗る高木丸では持ち帰り禁止です!(-_-#)

ふぐ免許保持者へは許可しますが(^w^)
七草 (みーばあ)
2019-01-08 22:25:39
七草がゆ食べませんでした~
ずぼらしました
ナゴヤフグ
フグなんてほとんど食べたことないです
なんだか慧竿さんのお話は怖いですね
でも、あた子さんはおいしく召し上がって大丈夫だったんですね
里芋のコロッケは私も作ったことありました
おいしかったです
そうそう、私も作ろう
まだヤツガシラがたくさんありますから≁
慧竿さんへ (あた子)
2019-01-09 21:57:42
ご安心ください。ぴんぴんしています。ふぐは店に売られている状態で頂きました。写真撮っておいたらよかったですね。そのまま鍋に入れても良かったのですが、三枚に下ろし、出汁を取るために骨だけを昆布と一緒に煮立てました。身はうまみが逃げないように沸騰してから。おいしかったですよ。残りは唐揚げにしましたがこれもまたおいしくて。
昔採った海草にふぐが卵を産み付けていて海藻を食べた方がなくなった事件がありましたね。自然の物はどんなところに落とし穴があるかわかりません。草も同じ。その点、栽培している七草は安心です。ただ人気上昇につれてお値段も上昇していますね。
みーばあさんへ (あた子)
2019-01-09 22:05:08
寒い地方では自然界で七草を手に入れるのは難しいのでは? 旧暦の1月でも。
ナゴヤフグはこちらでは普通にスーパーで売られています。トラフグのように高価ではないのでよく、鍋物にも使いますが、こんなに贅沢に使ったのは初めて。良いお出汁が出ておいしかったです。里芋コロッケ、今回は和風味でしたが、洋風でもおいしいですよね。
追伸! (慧竿)
2019-01-11 12:30:39
お店で買いましたかぁ!(^_^)v
なら一応大丈夫ですね!(^w^)


ナゴヤフグ なぜそぅ呼ばれるのか?
処理せず食ったら
尾張名古屋・・終わりナゴヤ と
引っ掛けてます!(^w^)

美味しいから!と大量に喰うと
身肉は時に弱毒なんで危ないんです!

関東の船宿にはちゃんと
フグ調理師免許取って掲示した方が居ますので

釣り上げたフグを捌いてくれます!(^_^)v

慧竿さんへ (あた子)
2019-01-12 15:52:23
ナゴヤフグの語源てそういうことだったんですね。初めて知りました。スーパーで普通に売られているから、てっきり毒性の弱い(ない)ふぐもどきかと思っていました。
今回、けちけちと二回に分けて(水炊きと唐揚げと)しかも三家族が分けて食べたのは正解だったかも(笑)
まあ今後あぶないほど大量に手に入ることはないと思います。

コメントを投稿

野菜・果物・料理など」カテゴリの最新記事