あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

ぽち

2018-12-29 17:57:12 | ペット
 戌年なのに一度も出番がなかった我が家のポチ。わたしの骨折の原因を作ったあの犬ですよ。いえ、決してうらんでいるわけではありませんけど。戌年が終わらないうちにご紹介しますね。


 おかあちゃん、あそんであそんで
 特技はは2本足立ち。

 

 これ以外なあんにもありません。
 あまり大きくならないからと、なかば押しつけられるようにして我が家にやってきました。
 2ヶ月までは親の元においてやってとお願いしてたのにこんな子だから多分早々と引き離されたのではないでしょうか。
 というのは、幼い頃から大変な悪癖・悪食の持ち主で、ほんのちょっとひび割れていたアルミのドアを全破壊するし、転がってきたバケツはバリバリにするし、家の板壁も下の方はガジガジ噛んでしまうし、近くに車を停めることもできませんでした。人の手も噛んでいました(さすがに本気ではなかったけど)。そして、そばにえさがあるのにウ〇コも食べるので、甘えん坊だけどだれもスキンシップはしてくれません。だれも舐められたくなかったのです。
 わたしだけが舐められないように用心しながら頭や体をなでたりしてお相手をしていました。だけどいたって気はいい子なんです。やってきた頃リフォームの職人さんたちが入れ替わり立ち替わりやってきておやつをくれたり遊んでくれたりしたので、今でも現場男子大好きの女の子です。

 最近になって、もう一人ポチをなでてくれる人ができました。
 

 

 おかあちゃん、あたし、この子にがてなんだけど。どうにかして。
 
 テレビでも、子どもと動物の出る番組は強いといいますでしょ? 我が家の最強コンビが物言わぬやりとりで大人を笑わせています。
 
 うわっ、どおしよう? おめめ、つつかないでね。



 きょうもきた。きょうは何するの?



 ああ、よかった耳だけか。


 
 わたしがあそびたいのはおかあちゃんなのに。

 怖い物知らずのケイタは遠慮無くポチに近づいてだっこしようとします。自分より大きいのに。力の強いポチが急に動いたらあぶないので常にそばにわたしがいますので、何とかしてわたしに近づこうとポチは困り果てています。



 おやつ どぅじょ
 はい、とりあえずもらっとくね。木はたべれないのよ。 ぽいっ
 もひとつどぅじょ
 はい。ぽいっ

 破壊魔だった彼女ももう7歳。ケイタには何をされてもじっと我慢です。
 
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 孫たちの染め遊び | トップ | 小さな喜び »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウンウン!!(^◇^) (慧竿)
2018-12-29 23:18:51
エエ顔しとるなぁ!?

チョットいらちのチョッカイ出し!!(^◇^)

マンジュウでかいし全体の体格もバランス良いし
力ありそうやねぇ!!(^◇^)

犬って不思議と自分より力の弱い者には
優しいよねぇ!?(@^^)/~~~

チャント体が子供の気配に反応してるね!!(@^^)/~~~


で?ポチってか!?
うちんくの二代目とおんなじ名前じゃぁ!!(@^^)/~~~
あれ? (あた子)
2019-01-02 16:21:51
慧竿さん、すみません。わたし確かにお返事を書いたのですけど、どこかへ消えちゃってました。気づかないでごめんなさい。
ポチは・・・・先代のソウチョウに凝った名前をつけて(元アナン国連事務総長)名前負けしたので、本当に平凡な名前にしたのです。多分ちょっと前までいっぱい板名前だと思います(^。^)
うちは小さい犬だったらもらってもいいと言ってたのに、育ってみれば今までで最大の大きさで、力も強く、しつけもしてないのでみんなもてあまし気味。気立てがやさしいのが取り柄です。

コメントを投稿

ペット」カテゴリの最新記事