ココロノ☆ブラインド

♪堂本剛ヲタの日々のココロ模様を吐露します♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【堂本剛x運命】ココロ見 運命(前編)

2013-01-05 16:13:36 | Weblog

昨日の堂本剛さんのココロ見の新作(運命)の前編を見ました。

まずはNHKさんい言いたい ありがとう と 地上波でもやって 

という事でございます。twitterにもレスしましたが 何卒、何卒お願い致します。

多分これ、レギュラー化したらBSにお金払いますけど、私含めて、かなりのファンは~と思います。

でもね、NHKの受信料払ってますんで、なんとかプレミアムなくても見させて頂きたい。

どうぞお願い致します。

って事で、感想です。

前半のキーワードは『素直』という感じに思いましたよ~

『運』というのは、ふとした瞬間にやってくるけど、要はそれを受け取れるかどうかなんでしょうねぇ

『運』をつかむには『素直』な気持ちがないと逃がしてしまうといった話だと思いました。

剛は若いころは気を使っていたが今はそれをやめたんですと。素直になったら人間関係が楽になったと共感していました。

剛さん若いころは誰かに気を遣いすぎてがんじがらめになってたもんね・・・

ただ私は思うの、作品に対して他人への気は使わなくなったけど、相手への気配りは手厚くしてるなぁ~と。それが堂本剛なんだと。

宮大工の小川さんは木と何十年も会話をされてきて、そこから人についても深く洞察されていらっしゃいました。

木というものは種が落ちた所から一歩も動かず、雨の日もあるだろう、嵐にもあうだろうが色々な方向から雨風に当たって立派に成長していく。このお話を剛は自分に置き換えていました。

私は初めて聞いた気がするんだけど、剛は劇団に入ったんだけど、その理由が友達のお母さんが劇団に子供を入れたいとなって、1人じゃ寂しいから一緒に入ったんだそうです。ところが友達が辞めてしまって、その後姉が事務所に履歴書送って今に至ったという事で、確かに自分で選んで行ったわけじゃなくたまたま種が落ちたっていう感じなんでしょうね。

そして事務所で『ミュージカルやらないか?』と言われ即断ったそうで、まずったな~っていう気持ちもなく過ごしていたら一年後に今度は『音楽やらないか?』って言われて、音楽は素直な自分が出せる予感がしたから始めたそうです。

きっとそれが剛にとったら大きな運命の転機だったんだろうな~と思います。

また小川さんは、斜面に生えた木は斜面から垂直に伸びようとしてクセのある木に育っていく。素材としてはあばれるから嫌がられるけれど、そういう木はとても強いから使いようによっては役に立ち、重いものを支えるのに使うとおっしゃられ、それを聞いた剛はまさに自分だと(笑)もし僕が木材として使われるのであれば相当重いものを背負う自信はあるとキッパリ

小川さんも(剛の本質を見てか)そう思ったからこの話をしたと笑っておられました。なんだか剛はとても穏やかな顔をしていて思わず人生相談しちゃったって感じでした。流石賢人さんは凄いですね。

さて、後半はシェフの狐野扶実子さん。私、無知お正月で存じ上げなかったのですが、そういえばTVで拝見したようなお顔でしたが、この方、本当に眼力が凄いんだなぁ~という場面がございまして・・・

収録の休憩中、剛がテーブルを鍵盤を叩くみたいにトントンとなにげなく弾いたんですね。それをチラチラ見ていて、『堂本さんの指先から命が出ている。音楽への情熱が出ている。』って確信持ってさらっとおっしゃったんです。(言葉はうろ覚えで正確ではありませんので悪しからず)

この人ただものではないな~とビビっときました。リンゴ一つとってもそのリンゴがどう育ってどうゆうルートで今ここに来たのかを感じているそうです。多分眼力が凄い気がしたの・・・何か見えない物まで透き通った目で見ているような目をしてらして・・・

リンゴのそんな事、考えた事なんて一度もないもん、私・・・と思い、少し狐野さんについてググってみたんですが、なんとコルドンブルーを主席で卒業ですってありえなーいそんな日本人シェフがいたの?ホント無知でスミマセンって感じ

と言った所で今夜の後半へつづくって感じですが、う~んホント今夜も楽しみです。

あ、忘れたけど狐野さんのミロのスープを頂いている時の おいしい~ の声がまぁ、ま~~たり~のあまあまでした(笑)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013.1.1小喜利の私

2013-01-04 01:18:47 | Weblog

今年は今までずーっと参加していたカウコンが外れてしまったんです

が、なんと・・・・・『小喜利の私』が当選

おそらく『質量保存の法則』が働いたんでしょねぇ・・・トホホ

ま、新年早々剛くんとまーーーったり過ごせるんだから最高ですけど。

↓ これ、またロビーにございましたが、ちょっとタモさんっぽいですのね(笑)

KinKiコンの剛さんは カッコイイカワイイカッコイイカワイイの繰り返しでしたが、

小喜利の剛さんは カワイイカワイイカワイイカワイイでした(笑)

登場は白いへびの神輿に乗せられて、客席にも少し下りて『恥ずかしい、恥ずかしい』連発で、さっきまでキラキラのKinKiさんとは別人のまったり剛さんでした。

天声さんはピース綾部さんだってすぐわかりましたよ~

剛くん、さかんに『親方』呼ばわりしてましたけど、最近のピースのネタなんですかねぇ?

30分おきくらいに『世界のアケオメ』のカウントダウン(10秒)が入るんで、トントン答えが出しにくい感じでしたけどね、それはそれで面白かったからいいです(笑)

ナルシスト川柳は悩みに悩んでましたよ~ 本人あまりナルシストの気持ちになれないみたいで(笑)イケメンなのにねぇ、容姿で判断されたくないって気持ちの方が強い方ですからね~ 思い浮かばなかったのかもですけど・・・

色々まったりのお答がありましたけど、やっぱり一番光ってたのは『男前なゴキブリ』と『イケメン扇風機』でしょうね~

『男前なゴキブリ』を表現するんですけど、長い触角をシューって触って見せてドヤ顔、カメラ目線で、めっちゃカッコイイ

あ、カッコよかったですね、カワイイだけじゃなく。

なんかメスのゴキブリがゴキブリホイホイにかかりそうになったら身を呈して守ったりするみたいです(笑)

あと、『イケメン扇風機』もね、気持ち目線外しつつ、ふいに『ふっ』って息吐いてドヤ顔ですよ(笑)

『イケメン扇風機(強)』も見せてくれて、目線2度見の上、強めに『ふっ』ですよ~ めっちゃイケメンでした(笑)

朝の5時半くらいに最後のご褒美として、2万4千円のA5ランクの松坂牛のすき焼き・・・

ライブの前は声が出なくなるからその日パン1個しか食べてないんですって その後の食事が朝の5時過ぎにすき焼きはキツイわぁ~ってなかなか箸が進みませんでしたが、『ん~でもおいしい』って何ともま~ったりな甘えっ子トーンの声でした。

食べたからかな、ちょっと目つぶってた一瞬・・・睡魔が襲ってきたんだろうな~ かわいかった

最後にあと10分くらいしたら(6時に)どこかの国でアケオメになるって事で、剛がフリートーク・・・今回の小喜利に沢山スタッフが集まってくれて(どうやら無償?)お前の為なら、お前のファンの為にって動いてくれるおじさん達ががんばってくれてるって言ってました。

あんなカワイイ剛をさ~TVで流さないなんて勿体ない事や~

近くで見ると本当に顔の作りが綺麗でビックリするもん 鼻筋がまっすぐに通ってて、目がありえないくらい可愛くてまつ毛がバッサバサで色が白くて笑顔がキュートなんだな~ホント、歌番組で一曲くらい歌ってもいつも緊張してるし全然伝わらないのが残念過ぎるよ~勿体ない

今年こそはドラマでもバラエティでもいいから剛カラーの番組持てたらいいなぁ~(切望)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年もKinKiと一緒♪

2013-01-04 00:09:35 | Weblog

ブログ、ゴブサティアンです(大汗)

さて、2013年始まりました

相変わらず、私は堂本剛さんが大好きで、年末年始のKinKiコン3days行ってまいりました

今回の剛さんの髪型はも~ドストライクですジェレイドのCMとか雨メロの時に近い感じで、カッコイイカワイイカッコイイカワイイの繰り返しでした(笑)

しかし、今回のセットは巨大でしたねぇ ちまたでは『要塞』とか呼ばれていたとか・・・

12月30日初参加の時は、スタンド1階の本当にダックアウト裏で正面でしたので、あのセットでKinKiが上に登ってしまうと何をしているか全く見えず、なんとなく不完全燃焼でした。

12月31日はスタンド3階のいわゆる『天井席』だったのですが、前日見えなかったものがほぼ見えて、天井席なのに大満足のライブだったと思います。

今回は特にいつもおいてきぼりな天井席に愛の手を差し伸べた感じですね。やさしいKinKiさん

1月1日はスタンド1階のステージに向かって45°くらいの位置だったので、ここは案外上層部も見えました(笑)

さてさて、今回のKinKiコン、私のダーリン(=堂本剛)は凄かったですよ

兎に角ダンスは一切の手抜きなし苦手なはずの天井でもメチャクチャきっちり踊っていて、足場の悪い中、ターンも2回転綺麗にまわってました。

私、剛くんのダンスが大好きなんです。指先からつま先まで、常に休むことなく流れるように動いていて、良く見ると驚くほど繊細な事をさらっとやっているんです。

特に今年はさらに上手くなったような感じがしました。ただ踊っているだけでなくて、見えない色香、感情の動きまで感じられるような素晴らしいダンスでした。

歌のほうも、勿論全力で歌い切っていて『雪白の月』や『AOZORA』は圧巻の歌唱力で、今すぐディナーショー出来るねって感じでした。

そしてファンサービスもきっちりしてはって、ずーっと双眼鏡で彼を追っていたけど、何回も外周に下りてウチワのリクエストに答えたり、タッチしたり、全然放置プレイじゃなかった(笑)もともとちゃんとファンサしてる人だったものねぇ~本来の自分に戻ったのかなぁ?なんて思いましたよ。

それと一番剛くん素敵と思ったのは、30日にジャニーズの見学席みたいのが3塁側よりのダックアウトに作られていて、今回出演していない町田さんが居たんです。

ファンサしつつ見学席に近づいて行ったと思ったら、1人の子を指さして何かアイコンタクト・・・そして胸か肩の辺りをポンポーンて叩いて去って行ったの。

肉眼ではそれた誰だかわからなかったんだけど後から友達に確認したらそれが町田さんだったという訳MAってアッキーが去って、去年突然米花さんが去ってしまって、色々あって今回屋良ッチしか出てなくて・・・見学席の町田さんを激励したんだろうな~と思うと泣けました。

カウコンでも剛さん、山Pの肩をポンポーンしてたよね山Pってカウコンで泣いてた?目がうるうるしてたけど・・・彼も今の状況がなんだか複雑だから、激励してあげたんだろーなーと思って、やっぱ剛って色々な人の気持ちをくみ取って、励ましたり出来る人なんだなぁ~と改めて惚れ直しましたよ。

私なんか、人に気持ちにも鈍感だし、どうやって接したらいいかわからなくなってしまう人だから、余計にあーゆう風にさっと手を差し伸べる事が出来る人、尊敬してしまうんです。もっと勉強しなきゃなぁ・・・

なんかもっと余韻にひたっていたいんですけど、やはり年末年始は家族の行事が多くて・・・あぁもっと真っ白な状態でKinKiコンが見たいなぁ~

15周年なのにKinKiの活動が少なかったから、光一くんとか『あきらめずに~』なんて言うくらい自覚あるだし、『7月まではまだ15周年終わってない』って言わはってたんだから、是非是非普通の時期にライブをお願いしたいものだと思います。やろうと思えば絶対できる

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加