ココロノ☆ブラインド

♪堂本剛ヲタの日々のココロ模様を吐露します♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奈良 石舞台ライブ その後

2010-05-23 22:32:48 | Weblog
奈良 石舞台 夢ライブからはや一週間
時の流れるのは本当に早いものです。
とてもとても寒い一日だったけど、終わってみると
剛の深い愛に包まれて、すごく幸せでした。

少しライブを振り返ると、ステージ中央に時空の作品がひとつ
ステージは黒い日本家屋の屋根のような、お寺の講堂のようなフォルムで
ステージ後ろは柱だけで、背後に夕日の落ちるのが見えていてとても素敵です。

最初は雲が厚かったのですが、次第に雲が切れ、ステージ正面の上には
一番星(金星?)後ろには北斗七星
一曲目はおそらく時空のために作られたインストを剛がキーボードで
バックはツッチー、ケンさん、豪太さん、十川さん、スティーブといった
いたってシンプルな構成

斜めに顔にかかるストレートヘアーがとてもキュートで、眉毛もあったし(笑)
衣装も用意してあったそうだが、あまりの寒さに歌にも支障が出そうだと
いう事で私服の朱雀ブルゾンとホワイトのパンツでした。

2曲に1回づつくらいMCをはさみ、とても丁寧で、情緒たっぷりに
みんなの心に歌を届ける剛。
ほとんど楽器をもたず、歌に気持ちを込めていたような気がします。
野外なのに、剛の声は分散する事なく空や森に吸い込まれていきました。
(私たちの拍手は分散して、いつもより小さく聞こえたけど・・・)

MCの印象は、本当に大人の男の人になったんだなぁ~という感じ。
すべてを受け止めて、これから自分はこんな歌を歌い続けていくといった
所信表明のような、決意が感じられたものでした。

私の席からは剛の頭くらいしか見えなかったから、結構星空を見上げて
いたけど、沢山飛行機が飛んでいました。
ライティングも素晴らしく、ソメイでは周りの木々をライトで
ピンクに染め、まるで満開の桜の下のように見せたり、レーザーを雲に
当ててみたり・・・自然とのコラボが美しく夜空に光っていました。

インターバルがあった今回のライブだったから、私の剛への情熱も薄らいで
しまったかしら?なんてちょっと不安になったけれど
終わってみたら、まったく反対で、剛が愛しくて愛しくて、早くまた
会いたいと思ってしまいました。

">
翌日は平城京跡へ・・・朱雀門も遷都祭で、いつもはあり得ない人ごみ

">
ここは、修復がすんだ第一次大極殿からの眺め・・・
いつかココで剛くんのライブがあったらな~と心から祈りました。

">
ここはおそらく第二次大極殿跡・・・よく剛くんが座っていた所から見た空です。
私は奈良に来ると、必ず小さな虹を見つけます。
ほら、太陽のまわりに薄い虹が出ているでしょ?
ココは立って眺めているとわからないのですが、腰をおろすすと、本当に時空が
歪みます。過去と未来が繋がっている場所のように・・・
剛くんが「宇宙」だ「時空」だと言いたくなるのがわかる場所です。
ぜひ、座るか寝転ぶかしてみて下さい。

">
三輪そうめんで有名な三輪山(大神神社)に行きました。

">
鳥居を入るとものすごいマイナスイオンを感じます。
なんか、パワースポットらしい。ほら、木漏れ日が、紫の小さな球になって
写っているよ・・・ちなみにおみくじを引くと、人生初の「大吉」でした。

">
奈良から京都への電車の中・・・突然目に入ってきた夕日があまりにも綺麗で
しまったカメラを大慌てでバックからさぐりだし、撮影。
電車の中からだと、どんどん風景が変わり、ものすごいスピードで夕日も
落ちていくから、うまく撮れなかったけど、いかがですか?

今と昔が融合した地・・・奈良・・・また来るね!
コメント

堂本剛、石舞台ライブ

2010-05-15 00:37:36 | Weblog
堂本剛さんの、石舞台ライブ、行ってきました。

いやー、飛鳥は遠い(^^;)
そして、ステージが低くて場所によっては見にくい。
そして、超さぶい(ブルブル)


ケド、べらぼうにカワイイ、ヘアスタイルだったし、歌もちょっと歌い方変えたけど、相変わらず上手くて、空も最初雲が出てたのがだんだん星が出てきたり、久しぶりにpinkも聞けたし、飛鳥まで来て良かったという感想です。
取り急ぎ
コメント

じぶん、はぴば

2010-05-06 22:39:22 | Weblog
連休明けの、たるい本日、わたくしの誕生日でございます(苦笑)


なんと、半世紀、生きてしまいました(苦笑)
これから、どうなるのかなぁ!?
何が出来るのか!?まだまだ先が見えない、相変わらず精神年齢が低い私です(苦笑)


が、皆様、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
コメント