生かされて活かされて 痛さん&さなさんのブログ

おのれを忘れて他を利する。
穏かで慈悲のこころに満ちた生活を送りたいものですね。
日々のできごとをお伝えします。

停電対策用に釣り下げ式ランタン、グッジョブです

2022年08月11日 | IT関連
コールマン(Coleman)社の[ハンギングEライト]を買いました。
キャンプ目的ではなく、停電対策用です。

充電式でそこそこの容量のあるランタンを探していて見つけました。
これが思いのほか明るく便利で重宝しています。
オレンジ系の柔らかい明かりなので眩(まぶ)しくはありません。
3,000円以下で買えるので一家に一個用意しておくと良いでしょう。(各部屋に用意するのがベスト)

我が家では常夜灯代わりに使っていますが、一番暗い「Low」で40時間点灯できるので毎夜8時間点灯で5日は持つ計算です。
本体リチウムイオン電池の容量は3,600mAhです。この本体からスマホなども充電できますが、我が家では別に充電用システムを用意してあるので、スマホの充電には使わないと思います。
本体上部に充電残量(5段階)を示すインディケータランプがあります。
同じく上部に明るさ切り替えスイッチがあります。 High → Middle → Low → Flash → オフ
アウトドアでは緊急を知らせるためか「Flash:点滅」が必要なのかも知れませんが、停電対策用には必要ないですね。
上部にマグネットが内蔵されているので、平らな金属面に取り付けられます。(割と強力にバチッとくっ付く)
充電用の入力は「5V 0.5A」と上部に記載されていますが、我が家では「5V 2A」で充電しています。(今のところ発熱などはなし)

一番明るい「High(10時間点灯)」にすると近くで本が読めます。(読みはしませんが)
一番暗い「Low(40時間点灯)」でも十分な明るさです。(常夜灯には明るすぎるかも)




天井に吊り下げ用金具を取り付け、カラビナで吊り下げた






<商品詳細>

まるで家のリビングの様にテントの前室全体をやさしく照らす吊り下げ式ライト。充電式で繰り返し使用が可能です。
ウォームカラーの包まれるようなやさしい明かりから、Highモードでは250LMで足元まで明るく照らすことができます。
女性の手にも収まる小ぶりで丸みのあるフォルムとメタリック風なレッドが目を引くデザインです。

■小さなライトでテント内を明るく照らす十分な明るさを持ったライト
■マグネット入りでポールにもつけられる
■やさしい明かり、ウォームカラー
■テント前室全体やテント入口、調理台など手元、足元を照らしたいときに
■携帯充電可能

●明かりのタイプ:Warm High/Middle/Low/Flash
●リチウムイオン電池 (内蔵・交換不可)
●使用時間:High:約10H/Middle:20H/Low:約40H
●ルーメン:High 250/Middle 100/Low 30
●照射距離 m:High 31m/Middle 22m/Low 13m
●使用サイズ:Φ7x 5(h) cm
●本体重量:約130g
●付属品:マイクロUSBケーブル(Type A)
●本体充電時間目安:約5時間
●IPX4 対応


以下で購入できます。

ヨドバシ
https://www.yodobashi.com/product/100000001005999503/

Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3-Coleman-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0E%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-LED/dp/B08P57HNCJ




最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。