日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



コロナ禍の状況で、去年から急にご相談が増えてきているのがセカンドハウス。
リモートワークが多くなり、首都圏での生活の必要性に疑問を抱いた方が多くなった結果かと思います。

また、首都圏で家づくりを検討されている方も、ワークスペースの充実をご希望される方が増えており、コロナ以前とは家に対する考え方が変わった方が多いように見受けられます。

セカンドハウスの考え方も人それぞれ。
生活の拠点を移動することを考えている方もいれば、旅行に行けない分、週末に遊ぶための家を考えている方、趣味である山登りやスキーの拠点となる住まいを考えている方など。

先日、工事請負契約を終え、これから着工する桜ヶ丘Cプロジェクトは栃木県で計画されているセカンドハウス。
西面傾斜地に広大な敷地があり、そこに家族やスタッフたちが楽しむことのできる空間を計画しています。
プールがあり、ビリヤード台があり、温泉のある露天風呂もあり・・・

様々な制約がかかるこのご時世であっても、人の生活の質は下げたくありませんよね。

今できることは何か?

そのひとつの解としてのセカンドハウス。
ただ耐え忍ぶだけではなく、きちんと人生を楽しむための手段として、とても効果的だと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« AMILIE 創刊号 愛車との生活 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。