哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

人体形状と性的魅力

2016年10月10日 | yyy54性的魅力の存在論


ウェスト以外にも人体形状に関して、身長/顔長比、顔高/眼高比、額/顎幅比、髪/肌色度比、皮膚表面反射率、体脂肪比、凹凸部分曲率半径比その他測定すべき数値は無限にあります。現在流布している単純な理論では、それらすべての数値を平均化した顔型容姿が一般の美的選好にかなう、というものですが、だれもが納得しているわけではないようで、いやテレビタレントのそれらを平均化したルックスが性的魅力として妥当だろう、とか、人気度を重み付け平均しなければだめだ、などなど諸理論があります。計測しやすい人体形状に限ってもこのように実証できる理論形成ができていません。この現状で、いったい、性的魅力なるものは存在するといえるものなのでしょうか?








拝読ブログ:


歩くマンの買い時が分からない



拝読ブログ:

光嶋裕介新作展 ~和紙に挑む~ 幻想都市風景@ときの忘れもの(2016/10/06)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性的魅力の認知メカニズム | トップ | 美学は科学に還元できない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。