哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

ルバング島の小野田さん

2022年08月06日 | yyy85現実を語る人々


ルバング島の小野田さんは意外と現実を知っていました。
旧陸軍情報将校だった小野田 寛郎(一九二二年―二〇一四年)は戦後もルバング島の山中でゲリラ活動を続け一九七四年になってフィリピン軍に投降し最後の日本兵と言われた人です。







拝読ブログ:

「ひと言で言えば不撓不屈」日本考古学の第一人者・大塚初重さんが貫いた学者魂



拝読ブログ:

荒井宗羅さん




コメント    この記事についてブログを書く
« 私と同じ現実 | トップ | 戦争は終わりました »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。