哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

内側と外側は感覚的に違う

2019年02月24日 | yyy66オフィスの美しさについて


徒歩圏宇宙の外に行く場合、意識が違ってきます。まず行き先を意識する。次に経路を意識します。乗り物が必要である場合は経路や混雑状況、所要時間、交通費をチェックする。徒歩の場合であっても、遠くへ行くとなると、どこをどう通って何時間かかるか?どのくらいくたびれそうか?ペットボトルが必要か?などを推定しておく必要がある。経路に間違いはないか、わずかではあるが緊張します。まったく気軽に行くということではない。こういう場合、ふつうの意味で『行く』、『移動する』という言葉が当てはまる。






拝読ブログ:

ベッドの上での動きに、気づきを添えていくのです



拝読ブログ:

奥多摩そして関東周辺の山を楽しんでます



コメント   この記事についてブログを書く
« 宇宙の外に行こうとすると | トップ | 『ぶらつく』とか『歩く »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。