哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

自分の肉体を自分と思う

2016年09月28日 | yyy53自分・ごっこ


ごっこ遊びを卒業する小学校低学年ころから、子供は他人の目を意識するようになる。自意識が芽生える。これは、他人と共有する現実世界の中にある自分の肉体を自分と思う(自分に憑依する)ようになるということでしょう(拙稿12章「私はなぜあるのか」)。








拝読ブログ:

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 プップクプーを飲んでプリプリプーを



拝読ブログ:

【中国語】電話がつながらない



コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 人生最優先の課題 | トップ | 真正のごっこではない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 プップクプーを飲んでプリプリプーを (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 スティーヴン・スピルバーグの最新作。  原作はロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG』。  『ブリッジ・オブ・スパイ』では信念を持つスパイを演じてアカデミー賞助演男優......