哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

空間の概念を作る

2011年10月30日 | xx7私はなぜ空間を語るのか

Fernand_khnopff30 たとえば「家は小さかった。家には壁が四つと床と屋根があって一部屋になっていた。」という言葉を聞いた瞬間、私たちの身体はその空間を想像できます。私たちは、聞いただけで想像したその家を外から、あるいは中から、見まわしたり、触れて歩いたり、あるいは空間に立体的な線画を描いたりする運動を頭の中で準備(拙稿の用語では仮想運動という)しています。つまり無意識のうちに自分の身体がその空間に働きかける、あるいはその空間の中を動き回る場面を想像しています。この仮想運動によって

(拙稿の見解では)私たちは空間の概念を作っている、といえます。

拝読ブログ:モノイドだけで作る幾何空間 復習編<shapetype id="_x0000_t75" coordsize="21600,21600" o:spt="75" o:preferrelative="t" path="m@4@5l@4@11@9@11@9@5xe" filled="f" stroked="f"></shapetype> <stroke joinstyle="miter"></stroke><formulas></formulas><f eqn="if lineDrawn pixelLineWidth 0"></f><f eqn="sum @0 1 0"></f><f eqn="sum 0 0 @1"></f><f eqn="prod @2 1 2"></f><f eqn="prod @3 21600 pixelWidth"></f><f eqn="prod @3 21600 pixelHeight"></f><f eqn="sum @0 0 1"></f><f eqn="prod @6 1 2"></f><f eqn="prod @7 21600 pixelWidth"></f><f eqn="sum @8 21600 0"></f><f eqn="prod @7 21600 pixelHeight"></f><f eqn="sum @10 21600 0"></f><path o:extrusionok="f" gradientshapeok="t" o:connecttype="rect"></path><lock v:ext="edit" aspectratio="t"></lock><shape id="図_x0020_1" o:spid="_x0000_i1025" type="#_x0000_t75" alt="説明: Comments" style="WIDTH: 12pt; HEIGHT: 12pt; VISIBILITY: visible; mso-wrap-style: square"></shape><imagedata src="file:///C:DOCUME~1ADMINI~1LOCALS~1Tempmsohtmlclip11clip_image001.gif" o:title="Comments"></imagedata>

拝読ブログ:「共」と「個」

コメント   この記事についてブログを書く
« コンピュータvs.直感 | トップ | 身体との相対サイズ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。