哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

生物が皆無の太古の地球

2017年08月15日 | yyy58生物学の中心教義について


現在の地球上では、栄養に富んだ有機分子群があれば、とたんにバクテリアなどに食べられてしまいます。生物が皆無の太古の地球の様相は、私たちには想像しにくい。直感に反します。無菌室の中では、たしかにおいしいスープもいつまでも腐りません。








拝読ブログ:


今年初めてのウナギ




拝読ブログ:


endless 山田正亮の絵画(7)~Work E ,Work F 1980~1995



コメント   この記事についてブログを書く
« それでも自己複製 | トップ | ゆっくり変化 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。