哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

モロッコからイベリアへ

2016年06月10日 | yyy51侵略する人々


アラブイスラム帝国はこうして、アラビア半島から東西南北に拡大しました。アフリカ大陸北岸を西へ進んだ勢力は、モロッコで大西洋に突き当たると、惰性でイベリア半島に侵入するのが自然でしょう。







拝読ブログ:

イスラムの長老 オスマン帝国



拝読ブログ:

しかし...天気は?... 昨日も今日も...良い!



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 大規模な統率された騎馬軍団 | トップ | フランク王国 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヘレニズム (青蘊)
2016-06-11 10:54:27
アレキサンダー以降地中海文化圏が形成されやすくなり、ローマ、イスラム圏へと流れたように感じます。
ちゃんと調べたわけではありませんが。

哲学といえばソクラテスは、「神のみぞ知る」という彼の決まり文句からもわかるように、むしろ神々への崇敬と人間の知性の限界(不可知論)を前提とする、極めて伝統的・保守的な思考が、弁証法という比較論に変質されているように感じてます。

ギリシア幾何学とインド哲学の融合の上でアラベスクの芸術が産まれているように思います。

神話は、眼に見えぬ因果より生命力を産出すもの。

カリユガからドバーパラユガへ移行する時、眼に見えぬ徳の力を思考することも、命の源への恵みを感じます。


中世ヨーロッパには、ラテン語、サンスクリット語、アナトリアへの憧憬があったように思いますが、間違いでしょうか?

変わったところでは、ヒットラーはアーリア人論で幻想のマジックを使ってますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。