哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

市場という場

2014年03月29日 | xxx8貨幣の力学

Watts_sry_wtg_comwg_89_large 貨幣の力は、物質の重力が質量に比例するように、その額面金額に比例します。重力が質量の和に比例するように、貨幣の力は額面の合計額に比例します。逆に言えば、そうであるから貨幣は交換の対象となっている、といえます。

貨幣の力が物やサービスに及ぼす作用は、このような加算性と交換可能性によって、水が低い方へ流れるように、高い価値がある所にあるものを低い価値の所へ押しやる。つまり水面を平にするように、物の価値を平衡させる力となっています。この平衡法則が市場という場を導くことは古典経済学の基本理論です。

拝読ブログ:株と為替と私 異次元緩和1年 本田内閣官房参与に聞く

拝読ブログ:河野書店NEWS:80歳の現役

コメント   この記事についてブログを書く
« 金銭感覚 | トップ | 人間の感性に合う »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。