哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

世界の二面的な構造

2011年02月25日 | xx4世界の構造と起源

Gustav_klimt_027 世界は、いわばホットな目的論的な側面とクールな因果論的な側面との二面的な構造を持っている。そういう世界の二面性を知っている私たちは、自分たちも二面的に行動することで世界のこの構造に対応してうまく栄養供給システムにつながっていきます。

世界は二面的な構造を持つ。すなわち目的論的に意図的行動によって推移していくような側面と、因果論あるいは場の理論にしたがって(自然に、無目的に)推移していく側面とです。この二つの側面の間に調和はありません。互いに独立で無関係です。厳密に言えば、互いに他を否定しなければならないという意味で矛盾しています。

拝読ブログ:原始人的本能が生む矛盾

拝読ブログ:オープンなカプセルオフィス(pons + huot)

コメント   この記事についてブログを書く
« 物質的知識の必要性 | トップ | 実用的理論の哲学的矛盾 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。