哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

一九二八年病状悪化

2017年02月04日 | yyy55長寿と夭折


一九二八年病状悪化のため東京帝大文学部を中退して大阪の実家に帰る際、すぐに戻るつもりで飯倉片町の下宿には荷物を残して行った、とあります。下宿の前を走っていた市電は一九六九年十月に廃止され都バスに代替えされました。筆者がそのころ駆け出しのサラリーマンとして通勤していた麻布郵便局ビルの四階(NASDA-JAXA発祥の地)はその下宿の向かい側です。








拝読ブログ:

五・一五事件



拝読ブログ:

「若竹 立春朝搾り」




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新生日本の若きインテリ | トップ | 宇野千代 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。