哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

副腎皮質刺激ホルモン

2016年01月23日 | yyy49ケチの美しさについて


犬がいなくなると、脳下垂体の副腎皮質刺激ホルモンの分泌が止まり、副腎皮質ホルモン、ノルアドレナリンなど交感神経系ホルモン分泌は減少し、免疫システムが活性化し、そのうち日向で居眠りしだします。副交感神経系が活性化することでインシュリンが分泌され、血中の糖分は回収され、血糖値が下がります。回収された糖分は徐々に脂肪に代わり皮下に貯蔵されます。






拝読ブログ:

ゼロゼロ。。。



拝読ブログ:

クッシング症候群 備忘録2~バラバラのピース~



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 猫の自律神経系 | トップ | 居眠り猫 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。