哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

経済市場の平衡機能

2014年03月31日 | xxx8貨幣の力学

Watts_sry_wtg_comwg_90_large_2 理論的な市場価値が作られる前提として、私たち人間の身体が物やサービスの価値を直感で評価し、それが平衡状態に向かう力を感じ取るから、といえるのではないでしょうか?逆に、その直感による評価が経済市場の平衡機能を維持している、と見ることもできます。

拝読ブログ:【書評】ジグムント・バウマン『非常事態》を生きる ――金融危機後の社会学』(作品社、2012年) - かわたれどきの頁繰り (小野寺秀也)

拝読ブログ:死ぬまで生きよう! - Yahoo!ブログ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 人間の感性に合う | トップ | 上手に理論化する »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
当方、現在医科大学5年で就職活動に東京まで来てい... (jiuy)
2014-04-01 09:42:54
当方、現在医科大学5年で就職活動に東京まで来ているものです。
どの分野に進めば意識のハードプロブレム周辺の研究に携われるか思案しておりますが、なかなか決めれずにおります。
何卒アドバイスをよろしくお願いいたしたくご連絡いたしました。
よろしくお願いいたします。
このプロブレムは神経科学や認知科学では一般に大... (時々無斎)
2014-04-01 14:19:29
このプロブレムは神経科学や認知科学では一般に大きな謎とされています。たとえば「一九九四年 アントニオ・ダマジオ『デカルトの誤謬:感情、理性、および脳』   Antonio Damasio   Descartes’ Error: emotion, reason, and the human brain,1994 」など。哲学としては拙稿の見解のように、この問題は擬似問題であるとする考えもあります。もしそうであれば将来は錬金術のように雲散霧消してしまうかもしれないので、これの研究だけを職業とすることは危険と言えます。ただし神経科学や認知科学は全般的に将来性が高い分野ですので、このテーマに固執しなければ良い職業選択となるでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。