哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

ローマ帝国滅亡の始まり

2016年05月11日 | yyy51侵略する人々


五世紀のローマ帝国はキリスト教が浸透した宗教大国でもあったので、異教徒に侵略されたことはエリート・知識人にとって信仰上のショックでもありました。当時の文筆家は、フンの侵略を神の鞭(Flagellum Dei)、と表現しています。この恐怖の記憶がヨーロッパでは後世の歴史家に引き継がれて「ローマ帝国滅亡の始まりはフンの侵略にある」との通説が作られたと推測できます。







拝読ブログ:

世界史フラッシュの名作「ローマの鍵」シリーズ



拝読ブログ:

『2016年ボスの旅』 ⑨「悦楽の園」その㈡ 「右翼パネル」 地獄 5/6



コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 異様な人々の騎馬軍団 | トップ | ヨーロッパ中華思想 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フンの侵略 (ジュリアンの夢)
2016-06-10 22:18:29
ご訪問有難うございました。

この世の崩壊は「フンの侵略」による、とヨーロッパ人の意識の底にあるのですね。ボスの描く「世界の崩壊像」にも関係しているのですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。