哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

拙稿の予想

2009年10月06日 | xx私はなぜ息をするのか

現実よりも大きなものがある。現実よりも深いところで現実を作り出しているものがある。それは、すべての存在とすべての現実とそれ以外のすべてを含む。それは(拙稿の見解では)、現実を作り出している私たちの身体の動きでしょう。人(仲間の人間)の身体と共鳴して動くそれ(拙稿の用語で運動共鳴)がすべてを作り出している。そこから出発しなおすことで間違った哲学から抜け出すことができるのではないか、というのが拙稿の予想ですが、いかがでしょうか?

拝読ブログ:完成しましたゾー!

拝読ブログ:予想がつくのに、それでも感じる強い喪失感。(『ゆきむすめ』 再話・内田莉莎子/絵・佐藤忠良)

コメント   この記事についてブログを書く
« 別の間違った哲学 | トップ | 私はなぜ息をするのか? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。