どきどきワイン熟成中!

不定期ですがワインの熟成度合いもティスティングしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■Vol,01 スパークリングワイン パッションフルーツ

2008年09月25日 12時32分37秒 | ・スパークリング パッション
スパークリングワイン パッションフルーツ  テイティング:2008.8.15

100%沖縄県糸満産パッションフルーツワインを使用しました。糸満市と都農町は、エイサーや太鼓台などの民間交流が盛ん。そして今、糸満では都農町の土作りを取り入れた農業が成果を上げつつあります。その土作りで栽培したパッションフルーツでスパークリングワインを作りました。

■高級なオリーブオイルのような色合い
輝きのあるイエローの中に、高級なオリーブオイルのようなグリーンのニュアンスもあります。また、グラス底からは、キラキラと小さな炭酸の泡が途切れることなく溢れ出してきます。


■トロピカルな香りと高級ワインに似た香り
炭酸とともにパッションフルーツの持つ様々な香りが強く解き放たれてきます。特に、前面に感じる香りは、メロン、洋ナシ、パイナップル、青リンゴなどの甘い香り。さらに、キンモクセイやシトラスのような華やかな香りも感じます。まさにトロピカル。パッションフルーツそのものといった印象です。
また、ドイツワインの高級なリースリング、ミュラートルガウ、ゲベルツトラミナールに似たような香りも持つパッションフルーツのスパークリングワインです。


■南国のイメージが膨らむ味わい
トロッとしていて、ほんのり甘く、心地よい苦味が口の中に広がってきます。パイナップルのような甘味と酸味が、大変心地よく、南国のイメージが膨らむ味わいです。さらに、甘夏のような苦みと炭酸の爽やかな口あたりが味わいのアクセントになり、甘さを引き締め、余韻をいつまでも楽しませてくれます。

■楽しみ方
よーく冷やしてお楽しみください。
8~12℃と若干低めに冷やしたほうが楽しめると思います。食前、食後のデザートワインとしても楽しめます。果物やスイーツとの相性も良いと思いますので、デザート感覚で楽しめるパッションフルーツのスパークリングワインです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ■Vol,02 2006シャルドネ... | トップ | ■Vol,01 スパークリングワイ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おいしい!!! (netzi)
2008-10-06 19:08:17
楽しみにしていたパッションスパークリング♪超おいしかったです~!!
本来甘口はあまり好んで飲まないんですが、さっぱりすっきり、パッションフルーツのあの風味がしっかり、きりっと冷やすと最高でした。
発売が1日で平日だったので、週末までに完売しないでよ~と思っていたら、近所のスーパーで発見、早速2本ご購入。もう少し買い足そうかな・・・と思案中です。
netziさま (赤尾)
2008-10-07 09:01:54
ありがとうございます♪
パッションフルーツは、トロピカルな香りが
華やかで気持ちいいですよね~。
友人が、フルーツ系のソースを絡めてある、
濃厚なチョコケーキとチョー合うって驚いていました。
試してみたいですね~。
そう、ワイン祭り、10月26日に開催します。
もし、お時間あえば是非♪

コメントを投稿

・スパークリング パッション」カテゴリの最新記事