どきどきワイン熟成中!

不定期ですがワインの熟成度合いもティスティングしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

■Vol,1 2006 シャルドネ アンフィルタード

2007年03月21日 11時15分23秒 | ・シャルドネ アンフィルタード
青リンゴのような爽やかさと重厚さを兼ね備えた
都農ワインの逸品。


○ティスティング:日時:2007.3.11

 

■熟したシャルドネの黄金色
輝きのある、強いイエローで黄金色をしています。熟したシャルドネの色です。


■むきたての青リンゴのような香り
青リンゴやヨーグルト、ココナッツのような甘ーく、心地よい綺麗な香りです。そして、パイナップルとミントのような香りが次に出てきて、さわやかな印象と高級感を感じさせられます。南国のよく熟れた果実の香り、熟したパイナップル、桃も序盤から終盤にかけて香ります。アーモンド、樽の香りやココアのようなニュアンスもあり、香りだけでも、重厚さ、濃厚さを感じる香りです。


■青リンゴのような爽やかさと濃厚なインパクト!
口に含むと青リンゴのような、爽やかな印象とパワフルで濃厚なインパクトのある厚みを感じます。桃のジュースを口にしたような濃厚な口当たりもあり、アミノ酸的な印象、まるで、昆布だしをとったスープのような濃厚な口当たりです。辛口なのに、甘みのような旨みを強く感じます。
終盤前に果実味の豊かさとアルコールのボリュームを感じながら、余韻を長く強く楽しませます。ものすごい果実の強さを感じ、南国の力強いシャルドネという印象です。


■熟成は。。。
厚みのある味わいがあるので、熟成も期待できそうです。清酒の生酒のように、保存に気をつけなければなりませんが、3~5年は充分、楽しめそうです。


■濃いクリームパスタ、グラタンなどとあいそう!
クリームとチーズの効いた濃くのあるソースを使った、カルボナーラのようなパスタやアスパラガスと新ジャガのグラタンとよい相性を見せそうです。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!
コメント   この記事についてブログを書く
« ■Vol,1 2006 シャルドネ エ... | トップ | ■Vol,2 2006 マスカット・... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

・シャルドネ アンフィルタード」カテゴリの最新記事