ツモ爺のひとり言~アートフラワー~

人生を少し長く生きた一人としての”私のひとり言”を聞いてください。

見た目の大切さ

2013年11月08日 15時51分34秒 | ツモ爺のひとり言

 馬子にも衣装と言う言葉があります、昔は乗り物と言えば駕籠(かご)か馬しかありませんでした、人を乗せてその馬をひく人を馬子と言いました、そんな馬子でも立派な衣装装束をつければ立派に見えることをいいます。

 ですから少々雑多な人間でも身なりを整えるとそれなりに見場(みば)が良くなり社会的にも一目置かれるようになるのです、反対にいくら立派な人間であっても風体がみすぼらしいと人からさげすみを受けます、つまり人にはイメージが付きまとうのです。

 今、『見た目が9割内定術』竹内一郎著 産経新聞出版を読んでいますが大学生が就職活動で内定がとれない現状をどうしたら内定を取ることが出来るか、服装はもちろんのこと、態度、目の配り方、喋り方を総合的に指導しています、類似書も多く出ていますが、ユニークで的を射ててます、ツモ爺はこの本を孫のために買いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今の季節にピッタリのアート... | トップ | カクタス、サッカテレン砂漠... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (においゼラニウム)
2013-11-08 17:55:28
ツモ爺さま
今日のブログの前半を夫に読ませます!
そして後半に紹介されてる本を息子に読ませます!
Unknown (においゼラニウム)
2013-11-08 21:46:08
追伸
今、Amazonにこの本を買いに行きました。10月に発売されたところの旬の本なんですね。さすがツモ爺さま!

コメントを投稿

ツモ爺のひとり言」カテゴリの最新記事