ツモ爺のひとり言~アートフラワー~

人生を少し長く生きた一人としての”私のひとり言”を聞いてください。

昨夜の篤姫

2008年09月08日 18時21分38秒 | ツモ爺のひとり言
 ご覧になった方も多いと思います。「徳川か薩摩か」で薩摩出身の篤姫が薩摩と密通しているのではないかと疑いを掛けられ四面楚歌になる状況がテレビで伝えられました。あくまでも徳川の人間であると主張しても誰も信じてくれない悲しさ苦悩が描かれていましたね!

 結局徳川の人間であることを、周囲の人々に伝えるために輿入れのときに持参した薩摩ゆかりの品々をすべて焼くという行動に出た篤姫でした。特に故郷の薩摩の桜島を描いた掛け軸も燃やしてしまうあのシーンはツモ爺も目がうるんできました。

 誰しも生まれ育った故郷は、捨てがたい愛着があります。その掛け軸を日々眺めることにより僅か故郷を偲び母や兄は如何にと思い続けた心情は察するにあまりがあります。

 その大事な愛着のある掛け軸を燃やすシーンは昨夜の最高のシーンだったように思います、ひるがえって現代の親は結婚する娘を送り出すとき「嫌になったら帰っておいで」と言う親もあるそうです。時代の変遷と言えばそうかも知れませんが、結婚に対する覚悟に、あまりにも隔たりがあります。

ともあれ、昨夜の篤姫にホロリとさせられ共に悲しみを感じました。
コメント   この記事についてブログを書く
« アートフラワーと生花の特徴... | トップ | 秋のアートフラワー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ツモ爺のひとり言」カテゴリの最新記事