野草研究室の日々

天然野草エキスのお店 “つみな” スタッフによる摘み草づくしの日常・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワークショップ、今度は晴れることを願って。

2017-05-30 21:02:44 | お知らせ
前回はワークショップが雨で中止となってしまいとても残念でした。

次回予定の6月3日もまた雨だったらどうしようかと心配していましたが、なんとか晴れてくれるようです。

数日前の予報では雨マークがついていたので、まさかまた・・・と思っていましたが最新予報では晴れマークに変わって一安心。

参加を申し込まれた方、まことにありがとうございます。

現地までの道のりが大変なので、少しでも負担のないよう、微力ながら輸送手段も整えました。

いくらか楽に会場までお越しいただけると思います^^;

野草たちも元気に育っているようです。

では当日お会いできることを楽しみにしています。


 
コメント

野草エキスで石鹸が作れます。

2017-05-03 15:43:27 | 気になるトピックス
市販の石鹸素地に野草エキスを練りこめば、簡単に自家製の「野草石けん」が作れます。

手作り石けんといえば、通常は苛性ソーダにハーブオイルやアロマエッセンスを加えて作る方法が知られています。

これには少し専門知識が必要で、それなりに手間もかかりますが、「石鹸素地」を使う方法なら手軽に石けんを作ることができます。

「石鹸素地」は、あまり聞きなれない商品かもしれませんがアロマショップや、東急ハンズでも購入することができます。


    お借りした画像(生活の木)

この石鹸素地をビニール袋に入れて、野草エキスを加えてよく練ったら、袋から出してお好きな形に成型すればできあがりです。

この方法なら専用の道具をそろえる必要もなく、誰でも簡単に無添加・無香料の手作り石けんを作ることができます。

風通しの良い場所で3日~5日ほど自然乾燥させれば使えます。



練りあがりの状態はちょうど粘土のようですので、丸でも四角でも好きな形が作れます。

また、お菓子の型を使えばいろいろな形を楽しむことができます。

 

この石鹸、とても気持ちが良いのです。

なんとなく肌が疲れたなーと感じたときにこの石鹸を使うと肌がほっと一休みする感じがします。


5月13日(土)に開催される野草エキス作りのワークショプでは、この方法で石鹸作りもいたします。

ちなみに上の写真で、色が濃くて粒々が入っているように見えるのものは、エキスの他に「野草粉」も入っています。

ワークショップでは野草粉もご用意しますので、写真のようなグリーンの石鹸が作れます。

ヨモギかスギナの粉を使う予定です。ぜひお楽しみに。

◆ワークショップご案内→ 手作り野草エキスつみな ON LINE SHOP

 



コメント