野草研究室の日々

天然野草エキスのお店 “つみな” スタッフによる摘み草づくしの日常・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11月7日午前の食卓

2012-11-07 21:22:35 | 今日の食卓



全粒粉ベーグル
・スクランブルエッグ
・ベーコン&ウィンナソーセージ
・ニンジンサラダ
・バナナ
・コーヒー


今日は休日。 久しぶりに朝から栄養満点です。

名づけて「リッチモーニング」!!

じつは前日から、モーニングは豪勢にいこうと食材を買い込んでおいたのです。

ベーグル、ウィンナソーセージ、卵は、新宿PePeの地下に入っている「ボンラスパイユ」で調達しました。

ベーコンとバナナは100円ローソン^^; あとは冷蔵庫にあるものを適当に使って。

ベーグルは、ニューヨークの私が愛するデリ「53st CAFE」でよく注文したものを思い出して・・・。 

トーストしたベーグルにクリームチーズをぬるのがお気にいりなのです。

モーニングと言ってはみたものの、10時から準備を始めて食べ始めたのが11時頃だったのでブランチですね^^。

いつもは軽く済ませる朝食ですが、たまにはこういうのも優雅な気分で良いものです。

午前中の秋の陽射しも良い感じでした。

(店主)
コメント

ラスクのある食卓

2012-09-11 15:31:35 | 今日の食卓
イベント「布多天神つくる市」で知り合った、狛江の天然酵母のパン&ラスク工房の SO_LA.LA.さんが

新宿伊勢丹地下売場に今年2回目の短期催事出店(~9/12)をなさったので

お目当てのラスク「Kauen」を買いに行きました。



SO_LA.LA.さんのブログ: 天然酵母パン屋の『そらら』な出来事


「Kauen カウエン」とは、ドイツ語で「噛む」という意味だそうで

その名の通り薄く噛みごたえのある食感・・・しかも噛めば噛むほど味わい深く

よくあるラスクのイメージをくつがえす新鮮な驚きを与えてくれます。

それもその筈、ラスク専用のパンではなく、通常ラインナップの天然酵母パンを

うすくうすくスライスして作っているため、この食感と味わいが出せるとのことなのです。

手間がかかってます。 そして美味しいんです! 



さらに左党にはうれしいことに、お酒にも合います^^。 

この日はワインに合わせて、トマトバジルとライ麦フルーツの二種類のラスクを求めました。





(9月10日の食卓)

・2種のラスク“Kauen”(トマトバジル・ライ麦フルーツ)
・フランス産カマンベールチーズ
・ニンジンのサラダ
・ゆでブロッコリー、自家製タルタルソース添え
・モロヘイヤの和風ミルクスープ
・赤ワイン(クローズ・エルミタージュ 2007)

久しぶりの家飲みワインです。 なぜか近所のスーパーで格安にて仏コート・ド・ローヌの珍しいワインを見つけ

先月末、地元に駅ビル「アトレヴィ」が誕生して「成城石井」が入ったので、チーズはそこで購入。

「Royal Faucon(鷹印?笑)」というこのカマンベール、乳脂肪分が多く塩味も強い濃厚系。

なんだかうすい味のカマンベールチーズが多い作今、久々に強いワインに負けないパワーを持ったこのチーズと出会えました。

とても好みの味でした。 さすがは成城石井です。 そしてブラボー円高です^^。

そして主役のラスクですが、この官能的なワイン&チーズコンビに負けないどころか、予想どおり抜群の相性でした。

特にライ麦フルーツが、ワインの力強い果実味やとろけるカマンベールとよくマッチするのには感動・・・!

さすがはSO_LA.LAさん!  味にとっても力があるんです!!

それはただ単に天然の材料で無添加だからだけではなく、作り手チカコさんの気持ちがこもっているからでしょう。  

そして考えてみると、ラスク(パン)もワインもチーズも、西洋伝統の発酵食品なんですよね。

それにひきかえ自分で作っておきながら何なんですが、野菜料理2種はちょっと役不足だったかなあ・・・。

味的にはバターソテーとかが合うんでしょうね。 カロリー高そうですが(笑)。

スープは味噌仕立てで、最後に豆乳を加えてすこしミルキーに仕上げました。 

モロヘイヤのとろとろスープは、エジプトでは夏バテ防止に良く飲まれているそうです。


いつもは身体とおサイフにやさしい、玄米とお味噌汁中心のシンプル献立ばかりなので

久々に「濃い」食卓を堪能した日でした。



(店主)
コメント

8月7日の食卓

2012-08-09 22:06:40 | 今日の食卓

8月7日の夕食。



・ガスパチョ風 トマトの冷製スープ
・温野菜&生野菜のミックスサラダ
・自家製ジェノベーゼ


スーパーで、なかなか生きがよいバジルの葉を見つけました。

おつまみ用の「カシューナッツ&アーモンド」を、すり鉢ですりすり(ごりごり)。

生バジルのみじん切りと合わせて、ペーストにして

自家製ジェノベーゼソースのできあがりです。

松の実が近所で購入できなかったので

代用に何かナッツをということで、試しに2種ブレンド。

これがなかなか良いお味になりました。

パスタはやや細い平打ち麺のリングィーネです。



サラダにはゆでゴーヤを入れて夏っぽく。

ガスパチョ風スープは、トマトをおろし金でおろして、塩とニンニクを少々。

バジルの葉をトッピングして見ためは本格風^^。



野菜料理が続いています。

次回は動物系も少し。


(研究員)
コメント

7月24日の食卓 

2012-07-25 12:36:00 | 今日の食卓
7月24日の夕食。




・シメジとブロッコリーのカレー
・タマネギの厚切りじっくり焼き
・冷ややっこコチュジャンだれ
・ワカメと豆腐、茗荷のみそ汁


印・韓・和の不思議な融合になりました。



カレーのスパイスは、近所である新大久保のバングラディシュ食材店で購入。

タマネギ・ショウガ・ニンニクのみじん切りを、

クミンシードで色が変わるまでじっくり炒め、さらにトマトと野菜を投入。

輸入のカレー粉 (ターメリック・クミン・コリアンダー・チリMIX) で煮込みます。

ガラムマサラは、やはりお店で購入した丸のままのシナモン・カルダモン・グローブを

すり鉢でよく砕いて火を止める直前に入れます。

お店の方に聞いた香辛料の香りをより楽しむための本場の技です。

特に夏は、このガラムマサラの香りがたまりません!



さて、カレーとじっくり焼きに使ったタマネギは

知人の韓国人女性キムさんのご実家で収穫された無農薬の逸品!

帰省のお土産にといただきました。 

じっくり火を通すとより甘みとコクが増し、もう絶品!!

カレーも野菜とスパイスのみでほとんど調味料を入れていないのに

うま味がじんわりと感じられ・・・これもタマネギの勝利ですね!

更にこのタマネギと茗荷をみじん切りにし、コチュジャンと酢少々であえた

韓国風みそダレを、ワカメを敷いた冷ややっこに添えてみました。

この韓流みそダレは、もう一人の知人のユン君に教えてもらいました。

韓国ではポピュラーなタレ(本当はたっぷり刻みネギを入れる)だそうで

そうめんにつけて食べてたりもするとのこと。

それも美味しそうですね!!


キムさん、ユン君、美味しい贈りものを、本当にありがとうございました!!


(つみな店主)

コメント

7月13日の食卓

2012-07-14 13:43:11 | 今日の食卓

13日の夕食。



(献立)

・長ネギとエリンギのピリ辛炒め
・ニンジンのサラダ(ゆずごしょうドレッシング)
・ワカメのナムル、
・納豆、梅干
・切干大根とネギのみそ汁
・玄米ご飯




べつにポリシーにしている訳ではないのですが

みごとなベジタリアンメニュー!

野菜が好きなのと、お財布にやさしいという大人の事情で

最近のウチごはんは、野菜・豆類レシピが中心です。

あ、野菜はひとつ100円までのものを買う!と決めてるのが

ポリシーかなあ…(笑)。

有機野菜は高いですし。

東京では小分けで売られているので、助かってます。




唯一のぜいたくは、お米と調味料!



これらが、今のスタメンです。


(つみな店主)

コメント