野草研究室の日々

天然野草エキスのお店 “つみな” スタッフによる摘み草づくしの日常・・・。

年末年始のご案内

2018-12-28 11:10:02 | お知らせ
年末年始のお知らせです。

誠に勝手ながら12月30日(日)から1月4日(金)までお休みとさせていただきます。

その間ご注文の商品につきましては1月5日(土)以降の配送となります。

何卒ご了承くださいますようお願いいたします。


年明けの出店予定は下記の通りです。

1月6日(日) 布多天神つくる市(@調布 9:00-16:00)
1月14日(月祝) あかぎマルシェ(@神楽坂 10:00-17:00)
1月26日(土) 東京スクエアガーデン(@京橋 11:00-17:00)

また、春には青梅の山でワークショップを予定しています。
こちらは日程が決まり次第ご案内いたします。

来年もまた皆様とお会いできることを楽しみにしております。

コメント

ワークショップのお知らせ 『野草エキスと野草石けん』

2018-09-06 17:30:47 | お知らせ
9月23日(日)野草エキと手作り石けんのワークショップを開催いたします。

場所はいつもの青梅の山です。

自然農法の畑の周辺で野草を摘んでエキスを作り、野草を使った石けんを作ります。

石けんは手こね式ですのでどなたでも簡単に作れます。

交通の便が悪く、辿りつくまでちょっと大変な場所ですので、

ご参加ただける方にはハイキングに行くつもりでご参加くださいと言っています。

ちなみにどれくらい大変かというと「東青梅」駅からバスに乗り、停留所からはさらに30分ほど歩きます。

それでも毎回たくさんの方にご参加いただいておりますのでだんだん恒例行事となってきました。

 

このワークショプは青梅の「賢治の農楽校」の主催となります。

以前、深大寺の手作り市に、この学校を運営されている方がご来店になり、その時のご縁ではじまったワークショップです。

ですので申し込みはお手数ですが下記の『賢治の農楽校』へお願いします。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「野草エキス と 石けんづくり」

9月 23日(土)10時~15時
小雨決行(台風・大雨の場合は中止)

内容:薬効の高いビワの葉と、カキドオシ、ユキノシタなど身近な野草を採取し、
からだ手当や無添加化粧水の元になる、野草エキスをつくります。
またドライにした野草で、手ごね石けんを作ります。
野草やエキスについてのミニ講座もあり!

*石けんには当日はこちらでご用意したエキスを使いますので
 作ったエキスはお持ち帰り頂けます。
*2回以上の参加の方には、前回作成したエキスからの
野草の引き上げ方などもお伝えします。

講師 吉田桐子(野草エキスつみな SHOP 店主) 

場所:青梅・賢治の農楽校の山と畑 青梅市成木8-297 
  *東青梅駅より車で20分、駐車スペースから山道を徒歩7,8分の自然豊かな山の中です。
   最寄りのバス停からは徒歩30分。参加者の方には地図をお送りします。

定 員:15人  要予約・申込み締切:9月20日(木) ただし定員になり次第締め切り

参加費:3,000円 2回目以降の方は、2,800円 
*ジャムなどのガラスビン、蓋付(200ml×2個)持参の方は、150円引き
*材料費込(ビン、ホワイトリカー、石けん素地、野草エキス、ドライの野草など)
*当日仕込んだエキス(200ml×2種)、当日作った石けん1個、野草の持ち帰りあり。
*中学生以上は参加可。それ以下の年齢の方は同伴可。

持ち物: ハサミ /野草持ち帰り用袋 /お手拭タオル /麺打ち棒 または すりこ木(小ぶりの物、短い物でOK)
/素手でもできますが、気になる方は、園芸用手袋 または 軍手 / 
筆記用具 / お弁当


申込み先青梅 賢治の農楽校 鈴木真紀  電話/FAX: 0428-78-3117
     E-mail: maki.72@live.jp  
     名前と連絡先(メールアドレス、と、電話番号)をお知らせください。


FB「青梅 賢治の農楽校」
   https://www.facebook.com/maki.suzuki.773

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

それではご参加お待ちしております。
コメント

野草石けん、また作ります。

2018-08-17 16:44:02 | 気になるトピックス
ブログで何度がご案内している手作り石けんは、昨年より時々手作り市で販売しています。

ひとつひとつエキスを練り込んで作る方式ですので、この暑さの中ついつい作るのが後回しになっていて、

ここしばらくお休みしておりました。

すると、先日の手作り市で

「今日は石鹸はないんですか?」

とお尋ねになるお客様がいました。

「前に買ったものは使い切ってしまったので。」と。

その後、また同じ質問をされたお客様がいて、

その方は「シャンプーの代わりに使っていますので」

とのことでした。

涼しくなったらまた作ろうと考えていたのですが、

そんな声を聞くと、やっぱり頑張ってまた作らなければ、

ということで、

猛暑も一段落しそうですので、そろそろ製造再開、

9月の手作り市にはご用意できればと考えています。


さて、そんな手作り石けんですが、この時期は暑さで柔らかくなってしまうことがあります。

また水分を含むと溶けやすくなりますので、できるだけ風通しの良いところに置いていただくのが

良いかと思います。

そんな時におすすめなのは無印良品のスポンジタイプの石けん置きです。



これ、とても良いです。

手作り石けんのために作られたのではないかと思うくらい。

じつは以前、台所用のスポンジを使っていたことがあったので、

これを見つけた時はこんないいものがあったのかと^^;

使い勝手や格好を気にしないなら台所用のスポンジでも十分いけます。



こんなのだったら見た目も悪くはないかなと。

せっかくの手作り石けんですから、無駄なくお使いいただけますよう、

スポンジの石けん置きをぜひお試しになってみてください。
コメント

夏休みの自由研究 『手作り石けん』

2018-08-03 14:02:27 | イベント・手作り市
「野草の会」のお知らせ以降ずいぶん間が空いてしまいました。

季節はすっかり変わり・・・、というか地球が変わってしまったのではないかというくらい、すごい気候になりましたね。

それでも手作り市には変わらず元気に出店しております。

外に出ることを躊躇してしまうくらいの暑さですが体力に余裕のある方はぜひお越しください。

8月の予定は下記の通りとなっております。

8月4日(土) セブンタウンマルシェ @板橋 志村坂上(夏時間午後1:00-6:00)
8月11日 (土)池袋西口公園手づくり市(10:00-4:00)
8月18日(土)セブンタウンマルシェ @板橋 志村坂上(夏時間午後1:00-6:00)
8月25日(土)神楽坂あかぎマルシェ ( 10:00-5:00 )
8月26日 (日)京橋Tokyo スクエアガーデンアートクラフト市(11:00-5:00)

セブンタウンでは『野草石けん作り体験』を開催しています。

今の季節は、お子様の夏休みの自由研究としてご活用くださるのもよいかと思います。

一度体験していただければお家でも簡単に手作りの石けんを作ることが出来ます。

通常の手作り石けんのように薬剤を使う方法ではなく、手こね式の簡単な方法ですのでお子様でも安心です。



野草だけでなくいろいろな素材で応用もできます。

ちなみに当店つみなの人気商品はパプリカ石けんです。


(オレンジと黄色がパプリカ石鹸です。)

香料無添加ですので、できたものは本当にパプリカそのままの匂いですが、色鮮やかで使い心地がよいのでとても人気です。

セブンタウンではヨモギやビワ葉の石鹸をお作りいただきます(ヨモギ=真ん中、ビワ葉=左下)

お立ち寄りいただいた際にお声をかけください。参加費は500円です。

20分くらいで一つ作ることができます。

それではみなさまのお越しをお待ちしております。




コメント

野草の会

2018-02-19 15:04:19 | イベント・手作り市
ワークショップの会場として、いつも場所をご提供いただいている青梅の『賢治の農楽校』では、

今までに何回か「野草の会」というのを開催しています。

この会は農楽校に関わる人たちの自主的な会として始まったものですので、

今のところ参加の募集は行わず、会員中心の勉強会のようなかたちでやっています。

ハコベ塩で歯を磨くといいとか、腫れ物ができたらドクダミを揉んでつけるのがいいとか、

本で読んだことはあっても実際にはやったことがないこともあるのでいろいろ体験してみよう

ということではじまりました。

ワークショップのご縁もあり、野草のことを教えて欲しいと声をかけていただきました。



現在、つみなのショップで販売しているものは肌エキスだけですが、野草を活用すれば日々の生活に活かせることはたくさんあります。

販売する商品というワクをはずせば、美容~健康、料理・・・といろいろやりたいと思いながらも

後回しになっていたことはたくさんありますので、このような機会をくださったことをとてもありがたく思っています。

農楽校のある場所は青梅の山の中ですので、ちょっと交通の便が悪く、都心からはたどり着くまでが大変です。

でもそんな場所だからこそできる貴重な体験の場だと思っています。

何回かやっているうちになんとなく噂を聞いて参加してみたいという人が増えてきました。

ですので今後は少しオープンなかたちにしてもよいのかもというお話も出ています。



せっかくの昔ながらの知恵を今の生活に活かすのはとても大事なことだと思います。

それは大人ばかりではなく、子供たちにも。このような場を使いながら伝えていけたらいいなと。

そんなことを考えていたら、後々は学校単位で参加してもらったらいいんじゃないかなどと、

ちょっと大きなことまで想像してしまいました。

こんな風にやっていったらいいのでは・・・など、もし何かアイデアをお持ちの方がいましたらぜひお知らせください。


「野草の会」の様子 <賢治の農楽校 Facebook>

2017.07.30 <野草摘み~料理~ハコベ塩作り>

2017.11.12 <野草摘み~料理~野草のお香作り>

コメント